映画レビューは “アトリエミシェルの製作&柴犬ブログ”にて更新中。 http://ameblo.jp/atelier-michelle/

2010/12/28

心配をよそに大満足!  映画

日本映画なのに、しかもテレビドラマなのに…
ハリウッド映画にも劣らぬ『相棒 劇場版U』
に思わず涙腺が…

クリックすると元のサイズで表示します
「『相棒 元旦スペシャル』に続くので、ファンは年内に見よう」という映画レビューを見て、あわてて見に行った。
冒頭の爆発シーンでやられたっ!テレ朝のドラマでこんなことができるなんて…。
東京の夜景シーンもなんと美しいことか、米ドラマの『CSI』にも負けてない映像。見る前の心配はすぐに吹き飛んだ。最初から最後まで気の抜けない出来栄えだった。
「テレビでいいのでは」とよく言われるが、確かにテレビでもいいかもしれない。しかしあまりにおもしろかったので映画館で観る価値も十分ある。
『劇場版T』は、(亀山)薫ちゃんがかっこよかった〜という感想が一番だったが、Uは右京さんも、ミッチーも、籠城犯(小澤征悦)もいい。あまりにも重い内容らしき前宣伝だったが、右京さんのいつものコミカルなところもあってホッとした。『熱中時代』の刑事編を思い出すような軽快な動きだった〜。
クリックすると元のサイズで表示します日本の警察組織の腐った部分(フィクションだとは思うけど)を描いていて、犯人に同情せざるを得ない話になっていくのだが、個人的には『相棒』はイギリスの探偵ドラマっぽく杉下右京の推理による軽妙な事件ものであって欲しい。
水谷豊の目に涙をためての迫真の演技には、思わず涙腺がゆるんだのか両目から涙が流れてしまった。終わったとき、本当は拍手したかったなあ。きっとみんな同じ気持ちだったのではないかと…誰一人エンドロールが終わるまで席を立たなかった。
あの方、実は生きていて復活するのではないかと思うのは店主だけだろうか。

次に見るのは、評価が異様に高い『バーレスク』!『THIS IS IT』よりもおもしろいのかな。

4
タグ: 正義 水谷豊

2010/12/18

相棒の波紋。  ドラマ

クリックすると元のサイズで表示します≪好きなドラマの
 ベスト10≫ノート

  も置きました。

  『もう一度見たいドラマ
  100本 '90年代』
  懐かしのドラマ情報が
  充実満載です!!


クリックすると元のサイズで表示します衝撃的な深夜ドラマ『NIGHT HEAD』。豊川悦司が若いっ!武田真司は"ポスト水谷豊"だ!と思ってたのに違う方にいってしまいました…残念。
『十年愛』誌面の写真に主演の浜ちゃんが入ってませんが、毎回爆笑の恋愛ドラマだったー。
どのページも懐かしく見ごたえありのムック本です。あのころのドラマは本当におもしろかった。
『ベスト10ノート』1ページ目には店主の米ドラマベスト10を書き込みましたが、韓流ドラマが独占してしまいそうな予感が…。米ドラマファンの方、是非書きに来てください!

15日放送の『相棒』衝撃的でした…
ネットでも、あの重いストーリーはどうだったのかと議論がさかんになっているようですが、昨今頻発している事件の根底を描いた内容で観た後どうしようもない気持ちになりました。これから見る方はご注意を。以下↓ネタバレです。

何者かに襲われてビルの屋上から転落死したような30代男性の、空白の11時間を捜査するうちに明らかになる現代社会の厳しい現実。
その男性は、正社員になれると就職した会社から解雇され、同時に婚約者ともケンカ別れ。寮付きの派遣の仕事を紹介されて行ったものの寮はなく仕事もすぐになくなりまた無職に。アパートは引きはらっていたが、その住所を使って就職活動を続けていた。医療事務の資格を取っていたが、経験を積ませてもらえる職場もなく、兄を頼ってみたが援助を断られる。完全に行き詰まり、とうとう役所に生活保護の申請に行くも担当の人から「まだ若いんだからガンバって」と申請すらさせてもらえない。いい仕事があると声をかけてきた男からは代理で古物商の資格取得を持ちかけられ、そこから外国人との婚姻届や携帯への名義貸しを始める。最後には迷った末、保証人の署名も引き受けるようになる。それも回数が限度に達してできなくなると、もう後は飢えをしのぐための手段として、試食のできる店やタダで食べられる施設をリストアップし、スケジュールを手帳に律義に書き込んで回っていた。
ネットカフェに寝泊まりし、シャワーで清潔に保ち、最低限のプライドをもっていたのだが、パン屋の店頭で3回目の試食に行ったとき、店員が覚えていてちょっと意地悪に「いつもありがとうございます!気に入っていただけたら買って下さいね!」と言われる。みるみる青ざめ試食品を全部奪って走り去った。住んでいたアパートの前でむさぼるように食べていた時、新しい住人が引っ越してきたことを知る。もうその住所も使えないことを知り絶望。医療事務の資格取得で得た不正医療費請求の知識から、"他人に危害を加えられた時の傷跡" の記述を参考に自分で刃物で何度も切りつけ、最後には生への未練を振り切るように気合いを入れながらビルの屋上から落ちていったのだ。
その初めて見るゲスト俳優がどうにも気になってしょうがないので調べてみた。
山本浩司、36歳。デビュー当時いくつかの映画に主演している。今も数多くの映画やドラマに出ているが、その場に溶け込み過ぎているのか顔を見た覚えがない。
近々出演するのは→『FACE MAKER』(第12話)よみうりテレビ系 2010年12月23日(木)23時58分〜
どんな演技をするのかもう一回確認してみよう。

4
タグ: 山本浩司



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ