映画レビューは “アトリエミシェルの製作&柴犬ブログ”にて更新中。 http://ameblo.jp/atelier-michelle/

2011/12/28

10月期ドラマ終了。  ドラマ

終わってみれば…
最終回で一番おもしろかったドラマは


『家政婦のミタ』、ついに笑ったミタさん!続編も映画化もなし、というならあのクリスマスの席で笑いを取り戻したまま終わって欲しかった。翌日も笑顔で働くミタさんで。延長10分が余計だった。それにしても瞬間視聴率42%越えはスゴイ!
『蜜の味』、あんなにおもしろい始まり方だったのに…。まわりでは主演の二人が不評で、あのドロ沼ストーリーには全くそぐわない男女を店主も応援する気がおきず、話もない方にない方に向かっていき、最後には戦場ぉっ!? …残念なので、別の役者で作り直したものが見たい気がする。
『妖怪人間ベム』、どうやって生まれたのかは…どう考えてもあり得ない話なのでうやむやにしといて欲しかった。最後に大勢の人を救うため、衆目の下で変身してしまい驚かせるのだが、変身も毎回見ていると飽きてしまうもので…。アニメでは燃える洋館から脱出することなく終わったので、ドラマもそこを活かしたみたいだ。ムリな設定でなく、現代の人間社会に入り込んで普通に暮らしている妖怪人間にしておけば、もっとおもしろかったかも。映画『ハイランダー』みたいに。
結局最後までおもしろかったのは
『ドクターズ最強の名医』!! 最後の回まで一体どうなるのかっとハラハラさせる展開で、2回に分けてもいいくらい充実していた! 沢村一樹演じる無名だが最高の腕をもつドクターが、いかにして患者のことを考えない病院&医者たちを改革していくのか。よくある正義感とさわやかさだけの主人公が苦境に立たされるとかいうことは一切なし! “最強”の意味が鍵。人間ああはできないよなぁ、という戦い方です!
そして、もう一本!ダークホースがっ!
『専業主婦探偵 私はシャドウ』!! 家事は完璧、でも主婦以外できない夫命の主婦(深田恭子)がパートで探偵を始める、と聞くとしょーもなさそうな話だが、桐谷健太(『タイガー&ドラゴン』のちびT役のときから好き)見たさにチェックしていたら、企業の身売りやそれに巻き込まれる夫と父の問題など、話はどんどん深いところへ。桐谷演じる探偵・陣内が最初はバカにしていた深田に惹かれていき、終盤はその切なさに泣かされた〜。最終回の陣内ファンへのはからいのような終わり方は最高!ありがとー!
『セカンドバージン』の時の主婦役といい、今回のかわい過ぎる主婦役といい、本当にスゴイ女優です深田恭子!
元日はいつもの『相棒〜元旦スペシャル』で!
1

2011/12/27

正気じゃないスタントで!  映画

4も無茶苦茶でした〜っクリックすると元のサイズで表示します
ミッション・インポッシブル
      〜ゴースト・プロトコル〜

「正気じゃないスタントで、」とは前夜テレビ放映された『m:i-2』で悪役がイーサンの行動を知り尽くして分析したもの。ビルに侵入するのに、ガードが堅くて不可能なのでヘリコプターでやってきて上からダイブして入り込むという、本当にもう頭がいいのか悪いのかわからないような戦法である。まさしく正気じゃない。華麗なエージェントではなく、常に一か八かな人たちである。
今回の〜ゴースト・プロトコル〜も期待を裏切らなかった。ストーリーは、いつも以上に背水の陣で、孤立無援な中、最小限の装備で挑むのでずーっとハラハラさせられっ放し。とにかく普通なら全部死んでるでしょう、な行動ばかり。命がけでもユーモアを忘れない、さすがハリウッド…日本の映画やドラマで最もできない点はここに尽きる。
クリックすると元のサイズで表示します冒頭で、情報を手に入れて追われるエージェント役の俳優が渋くてかっこいい〜と思っていたら、『LOST』のソーヤー(ジョシュ・ホロウェイ)だった。追手を振り切ったかと思ったところで、キュートな女子(レア・セドゥー)☞と遭遇、そのあどけない顔とは裏腹にアサシン(殺し屋)だった…!
そのレア・セドゥーはやはり見た目通りモデルでもあり、プラダの新作香水のCM↓に出ている。
http://celebrity.aol.jp/2011/08/24/prada-candy-video/
今回のヒロインはエキゾチックな女優でプロポーションも美しいのだが、走る姿がいただけないっ(ハーレムで生きる少女を描いた『プレシャス』ですばらしい役どころを演じているようなので要チェック!)
m:i-3でエージェント顔負けの活躍ぶりだったイーサンの奥さん(ミシェル・モナハン)が今回のストーリーの鍵となっている。最後の最後に“じーん”とさせてくれる。切ない気持ちのまま、イーサンは次のミッションに向かう。5にも期待!

クリックすると元のサイズで表示しますトム・クルーズが渋い、必見映画と言えば『コラテラル』『ワルキューレ』
『コラテラル』では白髪混じりの殺し屋を演じ、その銃の撃ち方にしびれる!暗殺に巻き込まれるタクシーのドライバー役のジェイミー・フォックスもいい。
『ワルキューレ』(写真)は、ヒットラーの暗殺計画の実話を描いた作品。そんなことがあったのかーと、驚かされるストーリーである。
とにかくどちらの作品もトム・クルーズのなりきり方が見どころだ。ブラッド・ピットやジョニー・デップと違うのは、罰ゲームでもやってるのかくらいに顔がすごいことになるリアルな演技&スタントに挑んでいるところである。決してうっとりすることはないけど、映画が見たくなるスターであることに間違いない。

0

2011/12/8

ホントに締まりますっ!  健康法

即効性ナンバーワン!
深呼吸ダイエット。


2カ月ぶりに走りに行った。セーブせず走ったらとんでもないことになるかもと思いながら、抑えられず爆走してしまった。しかーし、トレーニング直後に“ためしてガッテン”牛乳一気飲みを忘れず行ったので筋肉痛はすこぶる軽く、仕事に支障は来していない。
それだけでなく、体重を測定したら…2、3s越えてなかなか戻せなかったベスト体重を下回っていた!少し前から試していたある健康法がさっそく効いたのか…!?
気になる健康法は半信半疑でもれなく試してみるのだが、こんなに早く効果が出たのは牛乳に次ぐ快挙だ。
俳優の美木良介が3ヵ月で13.5sやせて腹筋がみごとに割れたという、深呼吸するだけのトレーニングで1円もかからない
簡単に説明すると、腕を上げながら123で深く息を吸う、1〜7で腕を下ろしながら息を吐くのだがその前半で「ブフーっ」と勢いよく吐いてしまい残りはできるだけ吐き続ける。腹筋に効いていればうまくできているということ。これだけ。簡単過ぎるっ!
店主の場合それだけでなく、男子バレーの試合に熱狂したせいもあるかもしれないが…。
ワールドカップ最終戦、世界ランク1位のブラジルに対して、信じられないような互角の戦いを繰り広げたのだ!
第2セット目の19−16までのリードに至る攻防には、ほぼ悲鳴のような声援と涙で応援。「ありがとうございますー」と思わずテレビに向かって感謝。が、その後連続9失点で19−25でセットを落としてしまい、結果は0−3のストレート負けだったので満足とはいかなかったが、何とかロンドン五輪出場権を獲得して今度は一勝でもしてほしい。
1

2011/12/7

GMって。  映画

クリックすると元のサイズで表示しますブラピでもがら空き…
『マネーボール』鑑賞
一連のGM騒動はこの映画のプロモーション?


クリックすると元のサイズで表示しますいかにもアメリカ、な話だった。アスレチックスのGMビリー・ビーンは他球団から、若い、経済学を専攻していた分析担当者を引き抜き、これまでブレインとなって来た関係者の意見を無視して球団作りを始める。その大博打的な采配が正しいのかどうかはいまだハッキリしていないのだが、実際にやった人がいるのがアメリカ的だ。
若き日、何もかも優れている選手としてスカウトされ、大学進学よりもプロの道を選んだ末に芽が出なかったビリー・ビーンの、スカウトや球団の人間に対する不信感がそうさせたのだ。これからプロに入ろうと考えている人には必見の物語である。
クリックすると元のサイズで表示しますブラッドピットがさすがなのは、まさにそういう人にしか見えなかったところ。これまでの映画では、何となくブラピが演じていると思いながら見ていた。娘役の子役との演技がまた自然で、『マネー・ボール』を野球の理論だけではない映画にしている。エンディングに流れる娘の歌がいい。
ただ、エンターテイメントとしては、論じるシーンがほとんどで、気持ちが盛り上がるようなことはほとんどない。

0

2011/12/2

泣いた〜!  ドラマ

視聴率30%に迫る!
ミタさんの過去に涙、
続いて長泉庄彌に腹筋痛、
男子バレー37−39に大興奮!


ここのところテレビがおもしろ過ぎる!
先日の『家政婦のミタ』、ついにミタさんが過去を一気に語った。それを聞いた家族と同様に視聴者も絶句したのではないだろうか。
泣きました〜あぁあ〜
視聴率はぐんぐんと上昇ついに今季最高の29.6%をマークした!
こんなおもしろいドラマ、てっきり原作はマンガだと思っていたのだが何とオリジナルドラマだった。
阿部寛の『結婚できない男』以来の大衝撃ドラマではないだろうか(『結婚でき〜』の方は毎回大爆笑ものですが)。

そんな驚きの後、深夜にたまたま見てしまった『パワー☆プリン』というお笑い番組で久々にお腹が痛くなるほど笑ってしまった。
長泉庄彌という、狂言師をパロったキャラがトレンディドラマに出演するという設定。そしてあの母が相手役の女優を押しのけ、共演することになるのだが、二人共そっくりな上に狂言まがいのセリフ回しと動きが完璧。これは次回も必見です!

先日の男子バレーワールドカップ、対アメリカ戦ほど力が入った試合は久しぶりだった。
とてもかなうはずのないアメリカに第1セットで接戦を繰り広げ、ラリーの応酬でお互いにセットポイントを奪うもジュースを繰り返し、37−39で惜しくも敗れた。
男子バレーでラリーが続くなどというテクニックプレーが見られるようになったことが感動だ。恐ろしいほどの弾丸アタックをちゃんとレシーブするなんておよそムリと思われていたが、女子に負けじといくらでも拾うようになった。2,3セットは完敗に終わったが、奇跡でなく、実力で勝つ日も遠くないような気がする。今日対戦のロシアには217pの巨人がいる。その人にはネットなど関係ない感じだ。どうなるんだろう。ガンバレ米山!
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ