映画レビューは “アトリエミシェルの製作&柴犬ブログ”にて更新中。 http://ameblo.jp/atelier-michelle/

2012/4/13

横にいたら普通は怖いよ  映画

間違いなくオススメの映画!
『ラースと、その彼女』

『きみに読む物語』のライアン・ゴズリングが主演というので何となく気になって録画した深夜放映の『ラースと、その彼女』(原題“LARS AND THE REAL GIRL”)。
人、特に女性とのかかわりを避けて生活しているラースが、兄夫婦に紹介したガールフレンドが何と、等身大女性のリアル人形。愕然とする2人。
劇場で上映していた時には、おバカなコメディだと思っていたのだが、実際観てみるとここまでいい映画だとは…感動したー!調べてみると、アカデミー脚本賞を獲っている。納得である。
ネタバレになるが、ストーリーを書いてしまうので、観てみようかなという人は先にDVDを借りに行ってください!
クリックすると元のサイズで表示します女の子からアプローチされても完全にかわしてしまうラースだったが、同僚男子が職場のパソコンで見つけて興奮していた、好み通りの完璧な女性の人形がオーダーメイドできるサイトでちゃっかり“恋人”を購入していた。名前は“ビアンカ”。ブラジルとデンマークのハーフだとか…細かいプロフィールまで完璧にできているのだ。
兄嫁のカリンは、人づきあいの全くできないラースを心配して、妊婦なのに飛びかかって抑えつけて食事に来させるような世話好きな女性。ラースの妄想に合わせてビアンカを受け入れることにする。兄も困惑しながらも努力する。
やがてそれは家の中だけにとどまらず、ビアンカの診察をする女医のいる病院、教会、職場…ついには街中の人にも広がる。ラースとビアンカを温かく見守り、まるで生きているかのように付き合い始めるのだ。
車いすのビアンカは子供たちに読み聞かせをしたり、病院でボランティアをしたりしてラースから独立した存在になり始める。そんな時、失恋した同僚女子につきあってボーリングに行くことになり、他の仲間も加わり、ラースはこれまでにはなかった時間を楽しむことができるようになっていた。
ある日ビアンカが意識不明になり、救急車で搬送し治療を受けるが、余命わずかとなる。
このあたりで観ている方も気づくのだが、すべてがラースの意思によって進んでいるのだ。感動とたまに爆笑…人の温かさを描いた極上の映画である。

0

2012/4/1

ウマの名演技!  映画

クリックすると元のサイズで表示します『優駿』から馬つながりで

スピルバーグ『戦火の馬』


クリックすると元のサイズで表示します長い絵本を読んでいるみたいな映画だった。
仔馬が生れるところから物語が始まる。
誕生した仔馬を牧場の柵の外から見つめる少年…。
その馬が運命のごとく少年の元へ。成長した馬ジョーイは戦争のためイギリス軍に買い取られる。
(↓以下ネタバレ)
生まれおちた時から額に白い菱形の模様をもち、いい馬と言われ、農場でも戦場でも驚異の能力を見せるミラクルなジョーイだが、
クリックすると元のサイズで表示します人も馬も過酷な運命を負った状況下、敵国のドイツ軍、若い兄弟兵士、農園の少女などの手に渡っていく。
少年はジョーイをを探すために(年を偽って?)入隊する。
スピルバーグならではの、克明な戦争の描写もあるが、
そんな中でも敵と味方で一時休戦して馬を救おうとしたり、馬同士の友情や少年と馬の絆に心打たれる兵士たちの優しさもありで、名作童話のようである。少年と馬の再会シーンがまさしく童話、もっと言えば大映ドラマ的。とにかく、やっぱりディズニー配給映画だなー。
できれば連ドラで全4回ぐらいで見たい展開だ。

*日本でも、戦時中に兵隊たちの衣服にするため飼い犬を提出しなければならなかった、というドラマを昨年放送していた。どんなことがあっても渡したくないっ!連れて行かれるなら一緒に死んでやるー。

2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ