2011年4月8日福島県双葉郡で保護されました。雑種・中型犬(11kg)・オス・推定3歳程度・保護当時未去勢。この犬についての情報がありましたら記事のコメント欄にお願いします。
2016/2/3 | 投稿者: ポチ郎

どうも猫バンバンがキテるらしい。

巷やネットでさかんにバンバン言い始めているようだ。


まあ、常に世の中を先取りしている不肖ポチ郎としては

何をいまさら、猫バンバンくらいあたりまえにやってましたよ、エヘン。

てなもんであるが...




みなさんはいかがだろうか?

まさか、まだ猫バンバンをご存じないという方は

いらっしゃらないと思うが、

念のためご説明しておきましょう。

猫バンバンとはなにか?

猫をバンバン? それって虐待?

まあ、このネーミングじゃそんな感じですよね。

誰が名付けたんだ? っていいたくもなりますが、

なにも猫をバンバンたたくわけじゃない。

バンバンするのはクルマのボンネット。


はあ? クルマたたいて何かいいことあるんですか?

と思う方もいるかもしれないが、

そこはそれ、猫ですよ。


寒いこの時期、野良で生きている子たちは

どこか暖かい場所はないかと必死に探し求めています。

そんな時、おおっ、ココめっちゃあったかいじゃん。

といってもぐり込んじゃうのがクルマのエンジンルーム。

まあ、ここまでなら無問題。

エンジンの温もりで寒い夜をしのいでくれればいい。


ところが、そんな良い具合のねぐらが突然

恐怖の殺人(殺猫)マシーンに化してしまうのです。

つまり、まさか猫がインしてるとは知らない

運転手がエンジンをかけてしまうと、

エンジンルーム内では、ファンベルトが回り始めるなどして

非常に危険な状況になる。

猫を巻き込んでしまうおそれがあるのですね。

実際のところ、それが原因で大けがを負った猫の話は

しょっちゅう耳にします。



と、いうことで、

その危険を回避しようというのが

猫バンバン、というわけ。

クルマに乗る前にボンネットバンバンで

猫に危険を察知させましょう、との呼びかけです。



犬猫みなしご救援隊の中谷さんも最近のブログ

この件に触れてました。

これが原因で傷ついた猫を数多く治療してきたようです。



さて、さっきは世の中を先取りとか調子こいてましたが、

自分もバンバンを心がけるようになったのは、去年くらいからかな?

今のところ猫が飛び出してきた!

っていう経験はありませんが、家の近所に野良は2〜3頭いるようなので

忘れないようにしたいと思います。


あ、そうそう、この猫バンバンて呼び方(というか運動)は

自動車メーカーの日産が推奨しているもので、

ホームページでも展開中。

なかなか感心なメーカーだ!

トヨタもホンダも業界全体で盛り上げてほしいです。


マークもかわいいですよ。

クリックすると元のサイズで表示します

さあ、レッツバンバン!




★今朝のヒトコマ

クリックすると元のサイズで表示します

朝食準備中。

朝はドライフードにちょっと鰹節。

ハルはカップ半分、育ち盛りのどんべえは7分目くらい。

2頭分なので大袋のフードもどんどんなくなります。

毎月犬費いくらかかってるんだ?

  
  


よろしかったら↓くりっくおねがいします (^^)/

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
4
タグ: クルマ  事故

2015/5/15 | 投稿者: ポチ郎

まだ5月の半ばというのに、

台風や真夏日と、どうもおかしな天候です。



人間も動物も急に暑くなったりしたら、

体調に影響するんじゃないでしょうかね。



さて、うちの動物は...

クリックすると元のサイズで表示します

抜け毛ピークです。

1回のブラッシングでこれだけ抜けて、

翌日もまた同じ量抜けます。


夏に向けて、自動的に脱毛する自然の摂理。素晴らしいです。

おかげで、家の中が毛だらけになっています。






少し、前の話になりますが...

クリックすると元のサイズで表示します

なかなか美人さんのにゃんこ。

そう、もんちゃんです。

今は、里親さん宅で、

別の名前で新しい人生、猫生を送っています。






時計を半年分ほど巻き戻せば...

クリックすると元のサイズで表示します

こんなに愛くるしい子猫でした。

2週齢くらいで拾って、1か月とちょっとの間

うちの特設保育施設(クルマの中)で、すくすく成長。


久しぶりに会ったのですが、

どうやらこのおっさん(自分)のことは

憶えていない様子でした。

けっこう、けっこう、動物は今を生きてるからね。

過去など振り返らないのさ...(えーん、えーん)




さて、この日は、避妊手術で獣医さんの所へ。

クリックすると元のサイズで表示します

健康状態は良好。ただし、ちょい太りすぎだそうです。

きっと毎日おいしものを食べているのでしょう。




翌日、無事手術も終わり、

エリカラ付きでご帰還。

クリックすると元のサイズで表示します


本当はどんな生き物も、

繁殖するのが自然な姿であり、

卵巣などの大切な器官を切除してしまうことは、

無節操に行うべきことではないと思ってます。


ですが、人間との関わりの中でしか生きられないという、

とても特殊な生き物になってしまった、現代の犬猫にとっては、

様々な観点(繁殖させられない、各種疾患予防)から見て、

これが、最善の方法なのでしょう。



もんちゃん元気でね。またね

クリックすると元のサイズで表示します
  
  


よろしかったら↓くりっくおねがいします (^^)/

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
3
タグ: 三毛 捨て猫 手術

2014/12/8 | 投稿者: ポチ郎

取り急ぎ、ご報告。
昨日、正式(というほどかしこまったものじゃないが)譲渡し、
にゃんこ育成ミッション、(ほぼ)終了!

拾ってから40日間、大きな問題なく育ってくれて良かった!

また改めて書きますが、とりあえず一段落しました。


三毛猫もん、新しい天地で元気でな!

クリックすると元のサイズで表示します

このご恩は一生...たぶんすぐ忘れちゃうけど、アリガトね。
(と言ってんだかどうか)






お疲れ〜、これからはオレ中心でヨロシク!
クリックすると元のサイズで表示します

  
  


よろしかったら↓くりっくおねがいします (^^)/

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
3




AutoPage最新お知らせ