2018/7/10  22:51

雷豪雨  リタイヤ生活

朝、天気予報で・・・夕方には雷雨の可能性がある・・・と聞いてました。

でもジムから戻って・・・キャンピングカーをいつも通り換気していて、6時になっても忘れてました。

表では雷が鳴っていて・・・それを何となく聴いている自分。

そしたら弟が飛び込んできて・・・雨が降ってるぞ・・・とっ。

慌てて表に出てみると豪雨でした。

ずぶ濡れ覚悟で飛び出してキャンピングカーへ。

キャビンの網戸から・・・換気口から・・・雨が吹き込んでいてぐしょぬれ。

それでも布団を敷きっぱなしのベッドまでは届いていないのが救い。

とりあえず換気扇を止めて換気口を閉め、羽根や機械を拭こうとするも虫よけ網が外れず雑巾で拭けない。

仕方なく・・・どっちみち土砂降りで家にも戻れないので、落ちてくるのを30分程下で受けてました。

その後、ステップやドア、床などを拭いて1時間ほどかかりました。

当然ドアに付いているカーテンは絞れるほど雨を含んでます。

が、シワになるので絞りませんでした。

マチがあるので少々縮んでもどうってことないだろうと・・・自然乾燥にします。

とにかく、閉め忘れて雨が吹き込んだのが2度目。

年寄はすぐに忘れます。

弟が言って来なかったら最悪のパターだったでしょう。

海の日を挟んで山に行こうとしてますが、明日は長野も群馬も雨らしく・・・。

林道の崩落などが無いところとなると・・・難しいなあ。

妻は・・・神経痛が痛いので明日は荒れる・・・と言って寝ました。

週末はどうにか落ち着いてほしい・・・今年の山行回数がかかってます。

今、鍛錬しないと今月末も厳しい山は無理になりますから・・・。

テレビで徳島県つるぎ町の農法が、世界農業遺産に登録された・・・とやっていて。

実はつるぎ町の一宇地区を前に見ていました。

剣山登山の時に通って、あまりに凄い所なので興味が湧き、あの地区を訪ねていたんです。

剣山と言えば・・・私が百名山の中で一番・・・二度と行きたくないところ。

道が狭くてすれ違いができず・・・神経をすり減らして帰ってきました。

昔、岩手の北部の岩泉町などが、日本のチベットなんて言われてましたが・・・とんでもない。

一回行けば・・・誰でもこの地区の方がチベットだろうと思います。

私はむしろチベットに失礼だろうとさえ思ってますけど。

そんなつるぎ町にも嬉しい話題があって、親近感が湧いてきています。

一宇地区の住宅です。40度以上の傾斜地で畑を耕しているんですから。

土が流失しないように刈り取った草で土止めをしたり、クワで土をかき揚げたり・・・そんな農法が世界農業遺産に登録されたんです。

一方で今回の土砂流失の災害・・・考えさせられる対比です。

クリックすると元のサイズで表示します
平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ