2018/9/3  22:03

おのくん  リタイヤ生活

この人形がなんだかわかりますか。

クリックすると元のサイズで表示します

カーネルサンダーのような帽子をかぶり、小さなベアーを抱っこしている人形が「おのくん」です。
 
その隣が我が家の息子です。

この・・・おのくんですが、NHKの「震災後7年半経過の特集番組」で、カンニングの竹山が紹介してました。

勿論、皆さんは既にご存知の事と思います。

東松島市の陸前小野駅前の仮設住宅集会場で生まれました。

猿をモチーフにして、靴下で作られているんです。

被災した方たちが復興のシンボルとして作っているのですが、1.000円で販売されています。

がっ、実は買っているのではないし、販売しているのでもない・・・里親になっていただくと言うのが主旨なんだそうです。

私も7年経って初めて知りました。

震災の後、東松島を訪れた娘が、里親になって連れて帰って来たと言うことになります。

だから定期的あるいは不定期でも、里子の様子を知らせる義務があるようです。

そういう主旨なら・・・と写真をアップしました。我が家の里子は、ペットたちと楽しく過ごしてます。

居間の一番いい場所で、私たちの会話を聴きながら・・・全国の仲間に思いを馳せているのでしょう・・・きっと。

これ、震災を忘れずに・・・繋がって・・・一つの絆なんだと思います。

まだ里親になっていない皆さん・・・里親になってみませんか!

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ