2018/6/8  16:50

萬鉄五郎美術館  くるま旅

今日の泊まりは早々と、道の駅東和と決めました。

早池峰が思ったほどのプレッシャーがなく、明日予定通り五葉山にとも迷いました。

しかし疲れがたまっていないといえばウソ。

それにシックハウスを疑わせるような、喉の変調とたんのからみ。

そして肺と気管支の炎症ぽい不快感。

そして途切れない頭痛。

大事をとって今日明日とゆっくりすることに。

道の駅早池峰に泊まろうか?と思って行くと、客を追い払うような道の駅でした。

第二の人生のような駅長さん、おそらく役場の職員だった人と思いますが。

趣味の音響装置を持ち込んで大音量での客寄せでした。

客のことなど何も考えていない気がします。

道の駅って、ちょっと休憩しようか‼と思って寄り、そして気に入ったものがあったら買い物。

こんなパターンでしょう。

お店に入ろうとしたら、脇のスピーカーからの大音量で、鼓膜が振動しました。

年寄りは行きません。

なんの工夫もない駅長、元々産業や特産品がないのに、第二の人生にあぐらかいてる駅長さん。

赤字でないわけがない。万が一黒字だというなら、幾重にもお詫びします。

というわけで東和に来ました。

温泉がへいせつされ、当然浸かりました。

コインランドリーも歩けて、しかも新機種。

何より兼ねてから来てみたかった、萬鉄五郎の美術館があって、2時間行ってました。

鉄五郎の作品は〜〜〜むずかしい。素人では上手いか下手かがわかりません。

肖像画を書かせたら生きているような絵なんですけど、風景画などはプロの先生が言うから上手いんだろろうと思ってます⁉

早池峰は花がいっぱいでしたが、大雪やトムラウシとどうしてもくらべてしまいます。

でもいい時期に登れて良かった。

結局夕べは一人でした。明けてから50人ほどが登っていたので、熊の不安などはありませんでした。

早池峰は後日ゆっくりアップします。

それではいっぱい始めます。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ