2018/8/14  22:36

山行記録をアップ  百名山・中央ア、八ヶ岳

午前中から山行記録の作成を始め、午後は妻と娘がコストコに行っている間もぶっ通し。

ずっとパソコンに向かい続けて、やっつけ仕事ではあるものの一日で八ヶ岳・常念岳・苗場山・巻機山と4座の記録を作成してアップしました。

山に興味のある方は・・・ご覧いただけたら嬉しいのですが。

まあ、いつも変化に乏しくて語彙力もない文章ですが、何か一つだけでも参考になればとアップしています。

究極的には個人的な日記のようなものですから、整理しておく意味程度のものでもあります。

山の記録はそれでもまだ早くアップしているのですが、旅行関連の記録は溜まる一方で先が見えません。

何時かは終わるのでしょうか。本人も解りません。

今日、息子が調子悪そうでいつものようにはしゃぎません。

良く観察していると・・・左足を引きずってます。痛いのかもしれません。

口が利けないから飼い主が見極めてあげる責任があります。

これが嫌で飼うのは嫌だったのですが・・・妻が衝動買い。

癒されてここまで来ましたけど、いよいよ弱ってきていますからここからが飼い主の責任が問われます。

いつまでも元気で・・・そして私よりは先にコロッと逝ってほしいのですが・・・願ったように上手くいくでしょうか?

今、妻に添い寝してもらって、眠ってます。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1

2018/8/13  23:29

八ヶ岳の写真  リタイヤ生活

お盆迎え・・・義父母にお線香をあげて、午後は妻の親友の家に行ってお線香をあげて。

妻の親友の娘家族も来ていて、我が娘とは早速遊びの相談をしていました。

2時間ほど話して、そのまんま娘を置いて帰ってきました。多分今頃はカラオケでしょう。

私もカラオケは大好きで・・・本当はここに動画をアップしたいほどですけど。

でも若い人たちの邪魔になるような演歌しかできないので、一緒に行くのはやめてます。

もうすぐ日付が変わろうとしているのに帰って来てません。

こんな事になるだろうと想像できましたので、昨日、帰って来た直ぐにタブレットで写した写真を私のメールに転送させ、それを全て「名前を付けて保存」と一枚一枚作業しました。

これで八ヶ岳の写真が使えるようになりました。

ホームページの作業はなかなか進んでおらず、今シーズンの山行記はアップできてませんがこれを機会に一気に完成させたいと思います。

時期を逃すとまたしても山に出かけるので、アップできない記事が貯まる一方。

明日は妻と娘がコストコに行くと言うので、私は久し振りに山行記を作ろうと思ってます。

夢中でやれば2座分ぐらいは完成させられるのでは・・・。

今週の日曜までに、今シーズンのこれまでの分を終了させられるかな?

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1

2018/8/12  22:03

娘が帰省  リタイヤ生活

4週連続で山へ出かけ・・・疲れました。

昨日は何も予定がなくて、行こうと思えば行けたのですが・・・思い切って休みにしました。

そして今日は娘が帰ってくると言うので、自宅待機でした。

年に三回の帰省、正月と5月と8月。

それなのに息子は忘れずに・・・飛びついて喜んでます。

新幹線の駅まで迎えに行って、帰りにマーケットで買い物。

アイスクリームを買いこんできました。

アイスクリームが大好き・・・特にかき氷系が最近はバリエーションが豊富で、ほとんど手を出しているのはおじさんですよ。

おじさんはアイスが好きなんですね!

引っ越してからはシャトレーゼが遠くなって、スーパーのアイス中心。安いです。

お茶のペットボトルなんて、コンビニでは160円ですが80円台で売ってます。

最近、気が付いて山での飲料水はスーパーで買ってから、高速に乗るようにしてます。

話はそれましたが、数日間は家族が一人増えます。

ジムは休みで利用できないし、今週はテレビが中心になりそうです。

そして土曜が妻の胃カメラ。

今週、山を再開するにしても、19日の日曜に簡単な山で足慣らし程度と思います。

本格的には25日・26日をまたいでの山行と考えてます。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1

2018/8/11  22:08

二度目の常念岳  百名山・北アルプス

話しは戻りますが・・・大天荘でぐっすり休んだ私。

朝3時15分に照明が点くのと同時に起きました。

そしてパッキングも終了させ、4時からの食事に3時45分には並びました。

3番目でした。

常念岳に登って下山するだけだから、急ぐ理由は何もないのですが。

ただ、昨夜電話があって『エアコンが壊れた』と。

コンセントを一度抜いてみて・・・とか、いろいろやらせてみたけど・・・ダメで!

このくそ暑いのにエアコンが無いのは、如何にも可哀そう。

1時間でも早く帰ってあげよう・・・。

4時半には食事も終わり・・・こうなると・・・大天井岳山頂へ御来光を見に行こう。

天気が良くて綺麗な御来光でした。槍ケ岳や穂高岳が、モルゲンロートに染まりました。

そして5時過ぎに出発して、取りあえず初登頂の中天井岳に登頂。

後は一心不乱に常念岳をめざしました。東天井岳も横通岳も一度登頂しているのでカット。

途中、ライチョウが遊んでいて5分ほど休憩しながら写真撮影。
クリックすると元のサイズで表示します

常念小屋からの厳しい登りを克服して、常念岳に登頂。

目の前に大キレットが・・・何時かは行かざるを得ないでしょうけど。

逆に1歳でも若いうちに行くべきなのに・・・なかなか踏ん切りがつきません。

常念からの下り。足元には常念小屋、そして目の前に横通岳。

その後ろに写っているのが大天井岳と思います。
クリックすると元のサイズで表示します

一の沢からはタクシーで穂高駐車場まで戻りました。

常念小屋ではドコモの電話なら通じるので、タクシーを呼べる最後のチャンスです。

料金は5.000円でした。中房からバスで戻ったとしても2.000円かかりますから、負担増は3.000円。

中房まで戻る事を考えたら、むしろ楽なコース選択でした。

白地図に赤くラインを引く事も出来たし・・・。これで燕岳から常念岳まで一筆書きで赤いラインが繋がりました。

次は何としても喜作新道を東鎌尾根に繋げないといけません。

気持ちを新たにして挑戦します。百高山を三座ですから、厳しいけれど美味しいコースでもあるんです。

こんな面白い「岩」みつけました。

後で地図を見ると「為右衛門吊岩」と言う、地図にも乗るほどのポイントらしいのですが、何だか・・・「モアイ」って感じです。
クリックすると元のサイズで表示します
平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1

2018/8/10  23:19

常念山脈縦走  百名山・北アルプス

台湾夫婦が大天井ヒュッテに向けて出発した時、私も一緒にテントサイトまで見送りに行ってました。

そして小屋に戻ろうとすると一人の若者が・・・。

「ちょっとお願いして良いですか?」と話しかけてきたんです。

「ああ・・・良いよ。何?」

「テントを張るのが初めてなんですけど、ちゃんと張れてるか見て貰っていいですか?」

「もちろん」

見てあげるとフライシートにも紐が通してあって、4角も大石で固定してあり正しく張れてました。

テントはモンベルのゴア性で、良いテントでした。

テントは絶対ゴアテックスでないといけません。

「良いテントテント買ったね」なんて話し、取りあえず全部チェックすると・・・ペグが全然効いてません。

「ちょっと見ていて」と言って注目させ、するっと引き抜いて見せました。

ペグの打ち方を教えて、フライシートの固定ももっと遊びが無く固定して・・・と。

家で練習してきたそうですが、家の中でやったのでペグは打つことができなかったそうです。

ポールを差し込むことに夢中になってると、後ろを通る人に踏まれることもある・・・。

組み上がったら固定する前にザックを放り込むと、テントが風にも揺らがなくなる・・・。

などなど・・・いろいろ教えました。

勉強になりました。ありがとうございました・・・と実に好印象の若者。

介護施設で働いているとか・・・老人思いの良い介護士になるでしょう。
クリックすると元のサイズで表示します

写真は教えてあげた若者とテントです。

偉いと思いましたね!  知らないのに知ったかぶりをする世代なのに・・・聞くは一時の恥・・・という精神も大切ですけど。

更に一段進化して・・・教えから吸収してありがたいと素直に思える考えは、人間性を高く評価できると思うのです。

私のサイトを教えて別れました。多分来てくれるはずです。

これからさらに山を好きになって、大いに楽しんでもらいたいものです。

前夜の食事の際、私の隣に座った若者。

隣のいい加減な爺さんが「常念岳にクマが出た」とクマの話に盛り上がっていて。

若者は真剣に聞いてました。

翌朝、私より先に出発したのに、ちょうど私が中天井岳から下りて行くとバッタリ。

「どうした? なぜ引き返した?」と聞くと、昨日の爺さんが更に念押ししたらしい。

怖いので帰って来た・・・とっ。

「大丈夫だから行こう」

「大丈夫ですかね?」

「そう言われたら確実に会わないとは言えない。でも出てきたら俺が追い払ってやる」

でもまだ不安そう。

「今、日本中で個体数が増えすぎて、どこにでもクマはいる。もし今、中房温泉に引き返したら絶対クマに会わないと言えるの?」

「実は私もそう思ってました」

納得してくれて・・・結局常念岳まで一緒に行きました。

クマには会いませんでした。

それにしても罪な爺さんたちですね。

常念山脈の縦走者は、後ろにも前にも数珠つなぎ程にいます。

クマの方が怖がって逃げると思うのですが・・・慎重さは山には絶対必要ですが、必要以上に怖がるのは判断を誤るので不必要です。

山の先輩として・・・正しく教えないと。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ