2017/6/26  22:30

うさばらし  リタイヤ生活

昨日のブログ。政治への思いを書いてみましたが・・・目的は・・・結局、憂さ晴らしをしたいだけだったのですが。

かえってあれもこれも思い出して、晴らすどころが益々募ってしまいました。

こんな思いで過ごしていると・・・我慢の限界点を越えてしまって、豊田真由子さんみたいに「このハゲー〜〜」なんて絶叫してしまいそうなので。

だから腹が立っても政治の話題は、書かないようにしようとしてるんです。

絶叫するだけならまだしも、書きようによっては「共謀罪」などで捜査されるかもしれませんからね!

記者会見で鋭く突っ込み、官房長官を怒らせた東京新聞の女性記者さん。

官邸はどういう策を仕掛けるのでしょうか?  

首相が盛んに印象操作と言ってますが、逆に読売を使って印象操作をしたのは官邸ではないの?

また女性記者さんに行われようとしたら、国民みんなで守らないとね!

少なくても・・・ドラマみたいなこういうことが現実に起こっていると、皆さんが気づかないと。

マスコミがやらない権力の監視を我々がやらないと。

こんな事態になると、韓国民はこの点だけは偉いと思っちゃいます。

大統領のお友達の不正を身体を呈して正しましたからね。

今、日本の民主主義も試されているのだと思います。

官房長官の思いどうりにしたら、日本の民主主義の死ですから。

それにしてもどこまで鉄面皮なのでしょうか。

歴史に自分がどのように刻まれるか、怖くないのでしょうかね。

天は見ていますとも・・・。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
0

2017/6/25  21:09

たまに政治の話題  雑感

結局、夕べの内に山は中止にしました。

昨夜ホロホロからライン。今年は膝の痛みで山は無理だと。

足首の骨折の経験がある私は良く解ります。再び歩き始める時の恐怖とそれまでの不安が。

精神的なケアが大切ですから、焦らず時間をかけて取り組みましょうね。

気持は急くのですが、再び傷害が出たらダメージが大きくなりますから。

来年一緒に行ってあげますから・・・頼りにしてください。

さて本題。今日、ワシントンポスト紙の記者が話してました。この新聞ご承知の通りウオーターゲート事件をスクープした紙です。

それに関連して国のトップの罪について話してましたが・・・アメリカと言う国はやっぱりすごい国です。

今、某国の官邸はある事実を必死に隠そうとして、御用マスコミや警察権力を総動員して事件の幕引きを図ってます。

でもこの記者さんが言うには・・・もっとも大きな罪は間違いを犯した事より、それを隠そうとしたことなのだそうです。

ウオーターゲートのニクソンも隠そうとしなかったら、もう一期大統領を続けられただろうと。

こう言うわれると今の某国の状態は、官房長官、副官房長官、読売新聞、警察庁、はては首相ポチ記者までグルになって隠そうとしています。

ポチ記者が犯した性犯罪も、内閣官房のK氏から警察庁のN刑事局長のラインで逮捕を止めたと、週間誌の取材にN局長自身が認めたと伝えられています。

あのポチ記者・・・なるほど必死に首相を弁護したわけです、ほとんど論争ではなく喧嘩でしたから、テレビ出演で・・・首相が変わったら逮捕されるかもしれないから頑張るのですね。

まあこのポチ記者がどうなるのか、ゆっくり楽しみましょう?

私だったら若い女性に無理やり何かしたことが表ざたになったら・・・警察より女房が怖い。

子供にどう説明するんでしょう・・・法律にふれるか触れないか、そんな問題じゃなく・・・家族に許してもらえるのでしょうか。

トラの威を借りて悪い事いっぱいしたんでしょうね。

今は必死で政権が変わらない事、祈ってください。

先日の記者会見でも、官邸官僚に指名された記者たちの質問。首相は既に回答の原稿を用意してました。

私も経験ありますが、普通想定問答集はあらゆることを想定して作りますが、さすがに質問の順番までは予測できません。

不思議な事に・・・あの日首相は回答を探すそぶりは一切なく、上から順序にページをめくって質問に答えてました。

官邸記者クラブはそこまで政権に協力して、順番通り指名されて質問しています。

マスコミ人としての魂・・・新聞なんて読む価値ありませんね。自ら誇りと権利を放棄しているのですから。

かつての大本営発表を垂れ流す・・・再来。

ワシントンポストに話は戻りますが・・・マスコミの大事な使命・責任は?

今の官邸記者クラブでこの質問に答えを出せる記者はいますか?

それは・・・説明責任を求め続ける事・・・なんだそうです。

逃げ回る官房長官、そしてポチ記者なら性犯罪まで揉み消す官邸と警察機構、幕引きに疑問を持たず協力する大マスコミ。

噂で小耳にはさんだことですから信憑性は低いと思いますが、この官房長官は記者会見で20分も質問され続けた東京新聞の女性記者さんの素行調査を命じたそうです。

おそらく前△次官と同様に、裏調査結果で脅したり口封じの材料にするのでしょうか?

そうだとしたら・・・マスコミ全体で官房長官に立ち向かうべきでは・・・とおもうのですが。

何時かは自分の身に降りかかると考えられないのでしょうか?籠池さんのようになりますよ!
マスコミの皆さん。

官房長官の言葉を借りれば・・・仮定や想像の話にこれ以上はコメントはありません。

日本が不幸な理由はいくつかありますが

一、知らぬ存ぜぬで押し通そうとする官房長官や副長官がいること。

二、国民の利益のために仕事すべき役人がその責任を忘れてしまったこと。有ったことを有ったと言うべきなのです。

三、読売をはじめとするマスコミが、説明責任を追及すると言う本来の使命を捨ててしまった事。
特に次官のクラブ通いをわざわざ大切な紙面で攻撃した論説委員・・・ナベ常のポチか・・・恥を知れ。マスコミ人とは言えない。将来この論説が正義のためだったと子供に胸を張れるのか?

四、幕引きに協力する官邸記者クラブ。自分たちは権力側で・・・大衆より優位にいると勘違いしているのか?

五、そして最悪はワシントンポストが日本の新聞でなかった事に尽きます。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1

2017/6/24  19:26

全国的に雨か?  リタイヤ生活

今日は良い天気で、本来なら山日和でした。

昼から・・・姪に頼まれた用事があって、残念ですが出かけられませんでした。

明日は雨のようですから、明日と今日が逆だったらと思わずにいられません。

戻って・・・明日晴れるところはないか・・・調べてますけど、今現在見つけられていません。

明日、雨の中を強行して滑って転倒でもしたら、また肋骨を痛めそうで不安があります。

潔く明日は休むべきでしょうか?

少なくとも岩の山は滑るから無理です。行けるのは平標だけしか思い当りません。

土の山も泥まみれになる覚悟で行く事になります。

起きて見て決めますけど・・・休んだ方が良いのかなーと迷ってます。

これからあと2時間、晴れそうで行けそうなところを探してみます。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1

2017/6/23  21:49

今週末は雨?  リタイヤ生活

胸の痛みはほぼなくなりました。勿論まだはれているので、その中心に触ると痛みはしますが、生活上困らなくなりました。

その痛みを手で探ると、やっぱり肋骨です。

でも新たにぶつけたりしなければ、これで落ち着いていくと思います。

御心配をかけました。一層注意して行動します。

かつてよりより注意深く行動しているのですが・・・転びやすくなり、踏ん張りが利かなくなりましたね。自覚。

今週末の予定は・・・土曜日に姪っ子に頼まれた用事があるので、雨かも知れない日曜しか空いてません。

雨でも行けるのは・・・眺望を楽しむ山より、花などを楽しむ山へ行くのが良いかなと考えてます。

本当は金峰山を予定していたんです。が逆に雨なら駐車場争いが無いかもしれません。

と言うのは冗談で、雨の中わ歩きたく無いですよね。

先週、高妻で一緒になった方が尾瀬に行って来て、木道には全く雪がなくなったそうです。

燧ケ岳と至仏も7月1日からオーケーだそうです。7月になったら直ぐ行ってきます。

その前に今週が問題なんですよね。

さてフランス帰りの相棒。とにかく疲れてテレビを見ていても知らないうちに寝ているそうです。

8月のイタリア行き・・・大丈夫でしょうか。

そしてホロホロ3世ですが、尾骶骨の損傷をかばって歩いていたら、今度は膝がおかしくなって立ち上がるにも辛くて、松葉づえを買ったそうです。

北アルプスなんて・・・大丈夫でしょうか。

そして私も30日の金曜はリンパのデキモノに針を刺して、組織を取って検査します。

悪いモノだったら・・・と考えなくもないですが・・・考えても自分ではどうしようもない。

ひょっとしたら手術になると・・・尾瀬やら赤牛なんて言ってられません・・・大丈夫でしょうか。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1

2017/6/22  21:00

高妻山報告  百名山・上信越

朝、ゆっくりジムへ。到着したらもう10時を過ぎてました。

どっちみちたいした運動はできないので、ゆっくりでいいんです。

今日はランニングマシーンを使い、時速4`から歩いてみました。

途中で時速5キロにアップし、最終的には6`で歩いてみました。

気にはなりますけど、響いたり痛んだりすることはなくなりました。

骨折ではなさそうです。これは少し安心です。しかし・・・。

左ひざは今日も痛くて・・・。

機械を使って屈伸し太腿やふくらはぎの筋トレする・・・のは膝が痛んでできませんでした。

左ひざの左端、お皿の裏側で細い骨があるところなんですけど・・・。

だからグルコサミンの効果が期待できる個所ではなさそうです。そっちの方が困ってます。

さて高妻山ですけど・・・前回13年前のシーズン最終山行でした。

当時は1年に20回以上も山に登っていて、シーズン終わりとなれば相当鍛錬も進んでいたのでしょう。

「これぐらいのアップダウンはどこにもある。それほどきつい山ではない」と書いてありました。

今思うとほんとかなーとも思いますが・・・確かに辛い記憶が無かったですから、本当に辛くなかったのでしょう。

それを今回は辛いと思うのですから、13年も歳をとると身体が変化していると認めざるを得ません。

外国人ファミリーとずっと一緒でした。子供たちは日本の学校ですから、普通に日本語を話し、お父さんは片言の日本語でした。

3人の子供を連れていたのですが、末っ子の5年生の女の子が可愛くて・・・良い家族でした。

最後、弥勒尾根で別れましたが、無事に帰りついたことでしょう。

お父さんはよほど私が気にかかったのか、ずーっと話しかけてくれました。

子供たちは何を聞いてもハキハキと答えてくれて、一緒に歩いていて楽しかったです。

そこで滑って落ちちゃったんですけどね。集中、集中!

ところで私が持ってる妙高・戸隠の山地図ですが、2003年製で弥勒尾根コースが記載されていません。

このコースを選ぶときちょっと不安でした。何時間かかるのかも、方角も何処に出るのかもわからないんですから。

急登ですが落ち葉を踏みしめて、フカフカのクッションの上を歩きます。良いコースでしたよ。
こっちを選んで正解でした。

沢伝いに下っていたら、もっとひどく怪我を重ねたかも?

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ