2018/3/6  22:26

送られてきた「銀河鉄道の父」  リタイヤ生活

先日、このブログで銀河鉄道の父と言う本を読みたいが図書館で600人待ち、とアップしたら。

娘がラインで・・・買わないで・・・と言ってきたのでした。

そしてアマゾンから銀河鉄道の父が届いたのです。

早速、読み始めています。

宮沢賢治の作品は全集を持っているので、かなりの作品を読んでますが・・・あの独創的な発想がどこから湧いてくるのか・・・その答えになるような今回の作品。

期待通りの力作が、期待を裏切る駄作なのか・・・楽しみ。

南部の方言でつづられていて、郷愁も感じます。

本1冊を買えないわけでもないけど・・・折角の娘の気持ちだから、買ってもらいました。

娘も読みたいので、読んだら回してと言ってます。

岩手の花巻に賢治の記念館がありますから、機会が有ったら行ってください。

5〜6年前に妻と行きましたが、高台から見下ろす北上川などの眼下に広がるロケーションが素晴らしかったです。

勿論展示物も、作品の中に溶け込んでしまいそうな、メルヘンチックな世界に浸る事が出来ます。

さて、今日はジムを休みました。眼科に行ってきました。

最近、妻の目の毛細血管が切れなくて、安心していたのですが。

昨日、切れて出血し、なんとなくキズもあるように感じたのです。

出血は止まっていたので、緊急性はないと思ったのですが念のために受診。

そしたら心配の要らない状態との診断で、胸をなでおろしました。

ついでに私も持病の「中心性網膜炎」の定期診断を。

毎年1回は診せてくれと言われていたのに、2年が過ぎていたようです。

でも病状に変化はないと言うので、これも大いに胸をなでおろしました。

何もなければ、また1年後の受診です。

ついでに花粉症の目薬を貰ってきました。さっそく点けて・・・今日は目のかゆみが治まってます。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ