2018/4/16  22:57

絵画展  リタイヤ生活

友達と会う約束があって・・・妻の体調も落ち着いているので出かけました。

前から広告が入っていて気にかかっていたのですが、デパートで多くの画廊が参加して絵画展が開催されてます。

錚々たる画家の絵が一堂に・・・時間があったので見ない手はありません。

川合玉堂、横山大観、片岡球子、荻須高徳・・・比較的近年の方だと、中島千波、平山郁夫。

まだまだ書ききれません。新進気鋭の画家さんの絵もあって。

絵に興味がある方ならヨダレが出そう。

若手の絵を除くと・・・名の通った画家はさすがに最低でも500万円以上で、普通に数千万の値段が着いてます。

平山先生の素描画なんて・・・スケッチに絵具を塗ったようなモノでも500万から800万。

ロト6が当たったら絶対買います。

人生一度はこんな絵のオーナーになってみたい。

屑ばっかり数点持ってますけど、飾る気にもなれないような絵ばかり。

東山魁夷はリトグラフでも100万というから・・・誰が買うんでしょうね? 

今流行のシルクスクリーンなんて、早く言えばプリントごっこですから。

数十万、数百万は・・・無いでしょう。

しかも本人が亡くなった後に奥様の監修とか・・・画廊が儲けるんでしょうね。

木版画で良いのがありましたけど、版画となるとイマイチ決めかねます。

やっぱり観て感慨があるのは絵。

ほとんどが証明書付きですから、お宝鑑定団に出てくるような贋作ではないと思いますが。

デパートにマージンを払うために、通常より3割ぐらいは高い価格と思います。

気が付くと・・・結局、値段ばっかし観てきた気がします。

やっぱり美術館で観ないといけませんね。邪念が入りますから。

妻は大分楽だったようで、今日は友達が来ていたようです。

明日はブロック注射の3回目。

2回目でかなり効果があったから救われましたが・・・前回に懲りて早く行ったのが良かったのでしょう。

直ったら価格に気をとられずに鑑賞できる美術館に、絵を観に連れて行きますよ・・・一人で楽しんだ反省で。

安倍さんと違って育ちが悪く、驕りを知らないので常に反省しながら生きてますから。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ