2018/8/10  23:19

常念山脈縦走  百名山・北アルプス

台湾夫婦が大天井ヒュッテに向けて出発した時、私も一緒にテントサイトまで見送りに行ってました。

そして小屋に戻ろうとすると一人の若者が・・・。

「ちょっとお願いして良いですか?」と話しかけてきたんです。

「ああ・・・良いよ。何?」

「テントを張るのが初めてなんですけど、ちゃんと張れてるか見て貰っていいですか?」

「もちろん」

見てあげるとフライシートにも紐が通してあって、4角も大石で固定してあり正しく張れてました。

テントはモンベルのゴア性で、良いテントでした。

テントは絶対ゴアテックスでないといけません。

「良いテントテント買ったね」なんて話し、取りあえず全部チェックすると・・・ペグが全然効いてません。

「ちょっと見ていて」と言って注目させ、するっと引き抜いて見せました。

ペグの打ち方を教えて、フライシートの固定ももっと遊びが無く固定して・・・と。

家で練習してきたそうですが、家の中でやったのでペグは打つことができなかったそうです。

ポールを差し込むことに夢中になってると、後ろを通る人に踏まれることもある・・・。

組み上がったら固定する前にザックを放り込むと、テントが風にも揺らがなくなる・・・。

などなど・・・いろいろ教えました。

勉強になりました。ありがとうございました・・・と実に好印象の若者。

介護施設で働いているとか・・・老人思いの良い介護士になるでしょう。
クリックすると元のサイズで表示します

写真は教えてあげた若者とテントです。

偉いと思いましたね!  知らないのに知ったかぶりをする世代なのに・・・聞くは一時の恥・・・という精神も大切ですけど。

更に一段進化して・・・教えから吸収してありがたいと素直に思える考えは、人間性を高く評価できると思うのです。

私のサイトを教えて別れました。多分来てくれるはずです。

これからさらに山を好きになって、大いに楽しんでもらいたいものです。

前夜の食事の際、私の隣に座った若者。

隣のいい加減な爺さんが「常念岳にクマが出た」とクマの話に盛り上がっていて。

若者は真剣に聞いてました。

翌朝、私より先に出発したのに、ちょうど私が中天井岳から下りて行くとバッタリ。

「どうした? なぜ引き返した?」と聞くと、昨日の爺さんが更に念押ししたらしい。

怖いので帰って来た・・・とっ。

「大丈夫だから行こう」

「大丈夫ですかね?」

「そう言われたら確実に会わないとは言えない。でも出てきたら俺が追い払ってやる」

でもまだ不安そう。

「今、日本中で個体数が増えすぎて、どこにでもクマはいる。もし今、中房温泉に引き返したら絶対クマに会わないと言えるの?」

「実は私もそう思ってました」

納得してくれて・・・結局常念岳まで一緒に行きました。

クマには会いませんでした。

それにしても罪な爺さんたちですね。

常念山脈の縦走者は、後ろにも前にも数珠つなぎ程にいます。

クマの方が怖がって逃げると思うのですが・・・慎重さは山には絶対必要ですが、必要以上に怖がるのは判断を誤るので不必要です。

山の先輩として・・・正しく教えないと。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ