2009/10/19

アウトバーン  



ドイツの高速道路はアウトバーンと呼ばれており、どんなに距離を走っても全て無料ということで有名だ。だが、もっと有名なのは制限速度がないという部分である。そう、どんなにスピードを出して走ってもよいのである。もちろん、危ない乱暴運転をすれば逮捕されてしまうが……(制限速度のある地域もある)。

そんなアウトバーンだが、自転車や歩行者もカンタンに入れてしまうのをご存知だろうか? なぜならば、ゲートがないからである。日本では高速道路に入る場合、必ず料金ゲートが存在する。他の国でも、料金を支払わない地域だったとしてもゲートがある国が多い。しかし、ドイツのアウトバーンにはゲートがないため(ゲートがある地域もある)、自転車や歩行者がそのまま入ることができてしまうのだ!

ドイツを旅慣れていない自転車に乗った旅行者が、間違ってアウトバーンに入ってしまうという事もたまにあるようだ。「どの自動車も猛スピードで走ってるなあ」と思っていると、知らず知らずのうちにアウトバーンに入っていたなんて事もたまにある。そう、けっこう「たまにある」が多いのである。

ちなみにドイツのアウトバーンは近隣諸国にも繋がっているため、アウトバーンを走りつつ国境を越えるということが可能だ。それゆえ、制限速度がないと思っていたら、突然100キロや120キロなどの速度標識が目に入ってくることになる。ドイツのみならず、いつでもどこでも、自動車も自転車も歩行者も、周囲に気を付けて道路を使用しよう。

【付加情報】
ドイツのアウトバーンは2009年10月現在は無料となっているが、道路の舗装やその他の財政のために有料化されるという話が浮上している。無料でどこまでも行ける旅が、もしかすると終わりとなってしまうかもしれない。 デリヘル 池袋 安い それでイチバン不利益をこうむるのは、ドイツの貧乏大学生たちかもしれない。そう、学校の友達と一緒にドイツ国内の遠出ができなくなってしまうからだ。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ