映画レビューは “アトリエミシェルの製作&柴犬ブログ”にて更新中。 http://ameblo.jp/atelier-michelle/

2011/5/29

ウェスつながりで、  映画

『イカとクジラ』をやっと見ました。
対照的なSF映画
『地球が静止する日』もテレビで鑑賞。

クリックすると元のサイズで表示します
いいとは聞いていたけど、意味不明なタイトルに食指が動かなかった『イカとクジラ』、『ソーシャル〜』を見てから主演のジェシー・アイゼンバーグが気になっていたのと、先に書いた『RUSHMORE』のウェス・アンダーソン監督がプロデュースしているというので…一度はレンタル中で借りられず…やっと見ることができた。
共に作家である両親の離婚によって、ふたつの家で曜日割で生活することを余儀なくされる16歳と12歳の兄弟の物語だ。
父親ジェフ・ダニエルス、母親ローラ・リニー、父の教え子の女子大生アンナ・パキン(大人になってる〜)など、個性的な俳優で固めている。すべてのセリフ・演技がすばらしく繊細。ジェシー・アイゼンバーグの猫背も演技のうちなんだろうか。父親を信奉し、他の意見を受け入れない高校生。すでに『ソーシャル〜』のMザッカーバーグを思わせる演技だ。全編、俳優たちの演技と製作者のセンスが感動ものの映画だ。
クリックすると元のサイズで表示します親の言動すべてが子供に大きな影響を与えるものなんだと怖くなった。家族全員で離婚について会議を開くあたりはさすがアメリカだ(子供の意見が全く通らないのは日本と同じだが)。
題名のイカとクジラについては、終盤やっと明らかになる。つまり子供と親の両方の成長について描いているのかなと思う。
音楽に全く興味のない店主でも、評判通り音楽のセンスの良さが感じられた。
ローラ・リニーが脇役で熱演している『ライフ・オブ・デビッド・ゲイル』(ケビン・スペイシー&ケイト・ウィンスレット主演)、おススメです!

キアヌ・リーブスがまたしてもロボットかと思うような異星人を演じている『地球が静止する日』も、出演者でお腹いっぱいになりそうなキャスティングだ。こっちの方がさらに濃い。
『MAD MEN』のドン・ドレイパーや『プリズンブレイク』のティーバック。キャシー・ベイツが政府高官を演じているのだが、役どころもヘアスタイルも似合っていないっ!クラシック映画の女優ばりに気合いの入った盛り髪だ! まだ小さくてかわいいジェイデン・スミスも熱演。ヒロインは、若い頃かなりかわいかったジェニファー・コネリーで、地球外生物の学者役。
このままでは壊滅してしまいそうな地球を“人間”から守るために異星人がやって来るというストーリー。
酷評されている映画だが、テレビで見たらけっこうおもしろかった。SFにありがちな「そんな感じ!?」であっさりと終わってしまうのだが、視点がおもしろい。今の人類に警鐘を鳴らすいい映画なのではないだろうか。
この監督スコット・デリクソン作品で、またローラ・リニー主演の『エミリー・ローズ』もおススメ! エクソシストものなのに実話で法廷ストーリー、評価もかなり高いです!

2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ