映画レビューは “アトリエミシェルの製作&柴犬ブログ”にて更新中。 http://ameblo.jp/atelier-michelle/

2012/1/20

犬天国!  映画

クリックすると元のサイズで表示します東京も初雪…
の強さを自然の中に見る
『狩人と犬、最後の旅』

カナダの北極圏で暮らす狩人ノーマン・ウィンター(本人)と犬たちとの暮らしぶりを描いているのだが、犬好きにはたまらない犬との絆を随所に見ることができる。
それにしてもその過酷さたるや、クマと遭遇してにらみ合いの末クマは去る。張った氷が割れて極寒の湖にずっぽりと浸かってしまい、何とか犬たちに救われるのだが、凍りついた体を小さな火をおこして徐々に温めていく。何があってもパニックにならない、つねに淡々としている。同じ狩人の友人宅に無線で連絡をして何日もかけて会いに行く。動物の毛皮を売りに町に行く。
演出とは思えない日常体験の数々…再現するのも命がけだ。あのクマはタレント熊なのか…。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します犬ぞりをひく犬たちは、柴犬好きの店主にはたまらないタイプばかりで、決してごっつい体格でもなく、わりと華奢な感じさえする。主役犬は成犬になる前のシベリアン・ハスキー♀で手足も細いし、あんな雪山を走らせて怪我をしないかとハラハラしてしまう。クリックすると元のサイズで表示しますそりを引く犬たちが走るけなげな姿も、狩人になでてもらおうと抱きついていく様子もかわい過ぎるっ
ああー、まさしく“犬天国”です!
監督がフランスの著名な冒険家らしく、森林の伐採や生態系の問題に触れながら、狩人の生活を完璧にドキュメンタリータッチで撮っている。どんなに厳しい状況になっても狩人として生きることを辞められないノーマン・ウィンター、カッコいいです
映画館で見た時も、またテレビで見ても全然退屈しない作品…是非寒い時期にご覧ください。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ