映画レビューは “アトリエミシェルの製作&柴犬ブログ”にて更新中。 http://ameblo.jp/atelier-michelle/

2012/10/25

一度きりの再会なのに  映画

10月でもうちわ!でプロモーション!?
話題の『ツナグ』
クリックすると元のサイズで表示します公開前ぎりぎりに試写会で観た『ツナグ』。すでに初秋という時期だったが、配られたのはオリジナルうちわ
クリックすると元のサイズで表示します





表は「ツナグ」で、裏は「アオグ」

公開され、評判がすこぶるいいのを確認したのでやっと書けるのだが、
連続ドラマだったらよかったのに…というのが個人的判定。
亡くなった人に一生に一度、それもただ一人にしか会えないという貴重なチャンス。それを納得させるだけの再会でなければならない。
現世で、死者と生きている人を引き合わせる使命と能力をもつ“ツナグ”という存在がいること自体作り話なので、あれこれ説明をつける必要もないだろう。すんなりと人々の再会の物語を見せて欲しかった。“ツナグ”の人生がミステリーのように描かれていたのも違和感があった。
亡くなった母親に会いたいというのは王道、役者の力量で何とかなったのでまあいいとして。
女子高生の話は、怖い!泣けるというよりも怖い復讐劇のように感じた。
もしかするとメイン扱いだったのかもしれない最後のラブストーリーが興ざめだった。失踪した恋人のことが忘れられず前に進めない男性の話…個人的な好みかもしれないが女優のビジュアルも演技もイマイチで全く共感できなかった。
思い切り泣く気で行ったのに、心の中で「くだらない、くだらない」と叫び続けて終わってしまった。樹木希林がもったいなかったな〜。

同じように作り話でも、映画館中を引き込んでジ〜ンとさせた映画がある。
安藤政信主演の『サトラレ』。考えていることが周りの人に筒抜けという“サトラレ”として生まれた青年を、政府も周りの人も温かく守っていく話だ。本当に泣く〜
ぜひご鑑賞を。

1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ