映画レビューは “アトリエミシェルの製作&柴犬ブログ”にて更新中。 http://ameblo.jp/atelier-michelle/

2012/12/30

何度目の映像化が一番か  映画

見納めに大作鑑賞…で
レ・ミゼラブル

あまりに評判がいいので、見に行った。
ヤフーレビューも満点がほとんど。
その中で、☆ひとつで
「つまらなかった」とバッサリ斬っている人、
度胸があるなー。
正直なところ、私もほぼそっちに一票。
「これまでに見たミュージカル映画で一番」
という人もいたが、
ミュージカルっぽいのは
冒頭の囚人たちの過酷な労働シーンだけ。
個人的にミュージカル映画は
壮大な音楽の中で歌い上げ、みんなそろって踊りまくって
それだけでも感動してしまうパワフルなもの。

話はご存知の通りパンを盗んだために
19年もの歳月を牢獄につながれたジャン・バルジャンが
やっと仮釈放になったものの、
毎年出頭する義務を課せられ、その身分証のために
疎まれ、職にもつけず、寝る場所を与えてくれた司教の元から
銀器を盗んですぐに捕まったところ、
司教が与えたものと証言し、それを元に出直しをすすめる。
姿を隠し、年月を経て市長&工場主にと成功したが、
牢獄で厳しくあたっていた警部が
ジャンの下に赴任してきたことから、逃亡が続く。
幼い子供のために娼婦にまで身を落とすファンテーヌや
宿屋で過酷な労働をさせられる幼い娘のコゼット、
タイトル通り、様々にミゼラブルな人生を見せつけられて辛い。

そんな過酷な運命の中で“高潔に生きる”というのが
テーマなんだろうけど…
せっかくのヒュー・ジャッマンラッセル・クロウ
セリフに調子をつけて語るのが、
『オペラ座の怪人』ほどの声量はなく、踊るわけでもない。
終始、劇場でなかなかなじめないまま
お芝居を見ているようだった。残念〜。
舞台の展開と同じように、ぱっぱと次にいくので
えっ、何で?と、ダイジェストを観ているよう。
セットも完璧に作ってあるのだから
いい俳優の名演技でドラマを見せて欲しかった。

この日は、人気の最後列で鑑賞していたが、なぜか隣が空席で
もう終わろうかという時に女性がやってきて、
おもむろに鼻をすすって感動している様子。
こちらは感動のタイミングを削がれてしまった
が、さすがに大ラスの盛り上がりに、
あわててハンカチを目頭にやっぱり名作だ〜クリックすると元のサイズで表示します

1997年のリーアム・ニーソンジャン・バルジャンを見てみたい。
1957年のオリジナル映画は傑作で
特に主演のジャン・ギャバンがすばらしいらしい。


1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ