映画レビューは “アトリエミシェルの製作&柴犬ブログ”にて更新中。 http://ameblo.jp/atelier-michelle/

2013/2/24

どこがどんでん返し?  映画

クリックすると元のサイズで表示します“結末はイマイチ”覚悟で
レッドライト』鑑賞。


オチが、どんでん返しがつまらないと
ほとんどのレビューに書いてあったので
一応覚悟をして
クリックすると元のサイズで表示しますキリアン・マーフィ見たさで行ってみた。
監督はスペインの異才ロドリゴ・コルテス
『アパートメント:143』『リミット』
見てないので無謀な賭けだった。
異才も鬼才もこれまでの経験から要注意である。

クリックすると元のサイズで表示します物語は、物理学者のシガニー・ウィーバーと
助手のキリアン・マーフィが
心霊現象に悩まされる家を調査するところから。
霊能者による降霊術で現れた現象をみるだけで
解決して帰っていく。
大学で学生たちの前で種明かし。
超常現象を科学的に解明する講義をしているらしい。
ちょっとしたトリックで
霊が動き回っているように見せかけることができる。
なるほどねー。
このあたりまでは、まずまずおもしろかった。

この後、かつて一世を風靡したという能力者
サイモン・シルバー(ロバート・デ・ニーロ)が
30年ぶりに復帰するということで世間が大騒ぎ。
どんなすごい超能力者なのかと思ったら、
具体的に見せたのは病人のお腹に手を突っ込んで
患部を取り出すという荒業を見せただけ。
実際によくテレビで見る通りの演出で
よく見えない角度からお腹に触っているだけにしか見えない。

ほか、すべてがもうドタンバタン
建物が嵐に襲われたようなシーンばっかり。
超能力者というよりも救世主としてすがる人たちの集会である。
シガニー・ウィーバーは何やらややこしい因縁があるようだし、
キリアン・マーフィもムキになってトリックを暴こうと
家でも、会場でもひどい目に遭わされてばかり。
一体どういう理由で、なのかがわかればまあいいのだが
大荒れの会場で
主人公(だった!)キリアンがひとりで
「そうだったのか」と納得して終わった。
デ・ニーロもあたふたとその結末にあわてていたけど
私には何のことやらわからなかった。
(はあーぁ、『ダイハード』にしとけばよかった…)
というのが私の結末。
まるで理解不能だったので
劇場で見終えた誰かに聞こうかと思ったほど。
もしかして、と思うこともあったので
帰って《ネタバレ》のレビューを開いてわかった。
やはり…オチでもどんでん返しでもない
あーあれが伏線だったのかと納得することも思いつかない。
本当にどうでもいい事実に思えた。
途中で自分なりにどんでん返しを推理して
そうか!死んだハズの人が生きていて、
まさしく錯覚を利用した話だ!と
かなり自分の中で盛り上がっていたのだが…

それでも、「好き」という人や「さすが」と
好意的なレビューもあるので不思議だ。
できれば観る人を楽しませるために頭を使って欲しい。
出演者がスゴイだけにもったいない。
サイモン・シルバーの若かりし日を演じたデ・ニーロ似の俳優が
ものまねタレントがふざけているようにしか見えなかった。

唯一期待したキリアン・マーフィ
何の魅力も感じなかったのでさらにがっかり。
オススメの主演作は
『麦の穂を揺らす風』(アイルランド独立戦争で戦う青年役)
『プルートで朝食を』(女装がキュート過ぎる青年役)
『28日後…』(ウィルスに感染した凶暴な人々の中でサバイバルする青年役)
『バットマン』シリーズでの不気味な悪役といい、各作品で完全にけてます。
まさにこっちの方が超能力!

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ