映画レビューは “アトリエミシェルの製作&柴犬ブログ”にて更新中。 http://ameblo.jp/atelier-michelle/

2010/3/31

迷った末に『マイレージ、マイライフ』  映画

はまり過ぎです、ジョージ・クルーニー
『マイレージ、マイライフ』誰に向けてのメッセージ?

クリックすると元のサイズで表示します実際にある業種なのか企業の気弱な経営者に代わってリストラを言い渡す代理人を派遣する会社に所属するのがジョージ・クルーニーの役どころ。日々、アメリカ中を飛行機で飛び回り、依頼先でリストラ宣告。スーツケースの中はきちんと整理された必要最低限のもので、住まいはほぼホテル。
通達を受けた人たちは各々諸事情を抱え不安を口にするが「必要なことはすべてその書類の中にあります」と言い渡すだけ。その場限りの宣告人なので実際にはその後のケアなどはもちろん請け負っていない。クリックすると元のサイズで表示しますそんな会社に経費削減を掲げる若く頭のいい女性が現れ、多くの人員が飛び回るのはムダ、パソコン越しにクビを告げるべきだと提案する。
その女性部下を連れての出張が始まり…
クリックすると元のサイズで表示します彼は出張先で自分と同じように仕事で飛び回っている大人の女性と出会い意気投合。お互いに割り切った恋愛を楽しむが、疎遠にしていた妹の結婚式や、女性部下から結婚・家族の大切さを事あるごとに説かれ、心が揺れて、ついに行動を起こそうとする…。
ところがところが!これまでの男女のパターンとは全く違った衝撃の顛末が…ネタばれになるので、見るつもりの方はここから先は読まないでください。
マイレージを貯めに貯めた結果、目標ポイントを達成し、雲の上で表彰?され機長との会話まで許された彼は、急にその生活が空しくなる。全マイレージを妹夫妻に譲り、彼女の元へ車を走らせる。このあたりまでは映画によくあるシーンだが、彼女の自宅を訪れると、家の奥から子供たちの声が聞こえ、さらには『ハニー、誰だい?』とか何とか。ガーンン。独身だったのは自分だけ。これがジョージ・クルーニーなので「かわいそー」と思ってしまうけど、そうでなければ女性に『あっぱれ』をあげたい感じだ。

結局、誰に何が言いたいのかは不明。それぞれのキャラクターや生活スタイルがおもしろく描かれていて、劇場には笑いも起こっていた。今の時代の一部分を描いている映画なのでしょうか。この映画にもジョージ・クルーニーの老け顔ネタが出てきます。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ