映画レビューは “アトリエミシェルの製作&柴犬ブログ”にて更新中。 http://ameblo.jp/atelier-michelle/

2010/6/30

お客さんのおススメ映画  映画

実話だと聞いたけど、小説?
『パピヨン』(1973)
あるお客さまの≪好きな映画ベスト10≫の中に『パピヨン』があり、それを見た(たぶん)同年代くらいの方が懐かしい…と感慨深そうにおっしゃっていたので、すごく気になり観てみることにした。DVDはなくビデオを借りた。
クリックすると元のサイズで表示しますスティーブ・マックイーンとダスティン・ホフマン主演。1973年の映画なのにダスティン・ホフマンが全然若くないっ。スティーブ・マックイーンの映画を初めて観たような気がするが、あんなに演技派だったとは知らなかった。まるで仲代達矢のような…。
胸に蝶の刺青をしているところから“パピヨン"と呼ばれたアンリ・シャリエールが1931年、無実の罪で終身重労働を宣告され、南米仏領ギアナの刑務所に送られたが、数度に渡る脱獄を試みたのち、ベネズエラの市民権を得たという数奇な体験を綴った同名小説の映画化(goo映画の解説から)。実話だとしたら、誰が一部始終を語り継いで小説になったのか…同じ受刑者だったダスティン・ホフマン演じるルイ・ドガしか語れる人はいないと思うのだけど。
2度の脱獄による処罰は、独房での2年と5年。心身ともに耐えきれず死ぬことさえ当たり前のようなせまい空間で、生きるためにできる限りのことをする。こっそりと食べ物を差し入れた友の名を白状しなければ、ただでさえ足りない食事を半分にされるとなっても決して裏切らなかったパピヨン。それは友情というよりも、半死の状態でも信念を貫いた彼の人間としての強さによるものだろう。男の意地ともいえるか…。やはり本人の言う通り無実だったに違いない。かなり古い映画なのに、衰えていく特殊メイクも演出もすばらしくおもしろかった。名優による名作と言える。
それにしてもよく死ななかったなーというのが一番の感想だ。お客さま、教えていただいてありがとうございます!


10



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ