映画レビューは “アトリエミシェルの製作&柴犬ブログ”にて更新中。 http://ameblo.jp/atelier-michelle/

2010/7/27

視聴率は低くても…  ドラマ

今期はヒット作多し!
贅沢な配役でそこまでやるか!?ドラマが勢ぞろい

やっぱりクドカンはスゴイな…と思うしかない。
クドカン&長瀬智也の『うぬぼれ刑事』!毎回大爆笑だ。
恋愛体質で思い込みの激しい長瀬演じる通称“うぬぼれ”は本庁の強行犯捜査のエースだったが、婚約者に逃げられてから調子が狂い出世のチャンスを逃して世田谷通り警察の刑事に。とは言え、犯人らしき女性に惚れて執拗に近づき結局は、その女性が婚姻届よりも逮捕状を、婚約指輪より手錠を選んで失恋→逮捕してお手柄!というパターン。うぬぼれの恋愛モード全開のバラ色、苦悩、踊る、などの長瀬の激しい演技に久々に感動した。いつものヤンキーキャラを封印し、まじめで誠実な青年を巧みに演じている。録画したものをすぐにまた見て爆笑している。なのに、視聴率は@12.2%からさらにA7.9%B7.3%と下がってしまった!なぜっ?
つかこうへいの舞台出演と同様に、宮藤官九郎のドラマに出て新しい演技に目覚めた役者は数知れず。その中でも極めつけは渡辺謙ではないだろうか。渡辺謙が一番かっこよかったのは『池袋ウエストゲートパーク』でのボーリング姿がステキな刑事役だと今も思う。
日曜9時には、そのクドカンを意識して制作されたと思われる『GM〜踊れドクター』
主演の東山紀之がその設定に「本当にこれでいいんですか?」とスタッフに確認したというハチャメチャな話である。
ヒガシ演じる世界的に認められているドクター後藤は≪ダンサー・ファイヤー後藤≫と名乗り、25年前にデビューして全く売れなかったアイドルデュオの一人で、少年隊にあこがれて今も再デビューを目指している。
ダメ医者を集めた総合診療科に勤務する研修医(多部未華子)は、医局の存続を危ぶみ、後藤に再デビューできるともちかけて、医者のアルバイトをさせることに。他の医者たちがみんな挫折したダンサーだと言うのだ!それを鵜呑みにするファイヤー後藤…そんな単純な世界的権威がいるはずもないのだが、必殺仕事人も見事にこなすヒガシなので、踊りながらの演技も違和感なく受け入れられる。共演者には、椎名桔平(元ZOOのメンバーとされる医者)、八嶋智人、生瀬勝久など演技派ぞろい。視聴率は初回13.3%からやはり11.5%へ。前期の『新参者』でさえ初回21.1%で始まったものの10数%の回が多かった。
天海祐希なら視聴率も安泰かと思われた『GOLD』でさえ、初回12.3%からA11.5→B10.1%に。
競泳の金メダル候補だった兄を事故で亡くし、その無念を妹である天海祐希演じる早乙女悠里がその子供たちに託す物語。スポ根的な話かと思ったら、全く違った。スポーツジムとエステ事業で時代の寵児的な存在の悠里は、テレビに雑誌にと露出し、決め台詞で世間の母親たちを挑発するイヤな女。・・・かと思いきや、よその家族関係までも修復してしまう正義感と思いやりのある女性。秘書にやとった長澤まさみとのやりとりがおもしろい!この脚本家一体だれっ!?と思ったら野島伸司だった。たまに臭いセリフがあるものの、登場人物すべてにちゃんとした役割を持たせているのがさすが。
ほほえみの貴公子・堺雅人主演の『ジョーカー 許されざる捜査官』はみんなの期待が最も大きい犯罪もの。視聴率が13.9%から15.7%へと上がった!犯罪者の犯行を立証できず逮捕できないなら自分が裁くというハリウッド映画的なドラマ。何人もがそれにからんでそうなのが見どころ。
『警視庁継続捜査班』は、米ドラマの『コールドケース』と『クリミナルマインド』を合わせたような、未解決事件&プロファイラーものなのだが、刑事が弱い弱い。犯人に突き飛ばされて負傷したり、真犯人だった男性美容師に鉄パイプを振り回されて拳銃をもった刑事までが簡単に倒されるといった情けない展開。主役の木村佳乃がきゃーきゃー助けてと悲鳴を上げるシーンにはびっくりした。おもしろそうな気がしたのに残念。一応初回12.7%になってるけどどうなるか…
ほか、あまりに悲しいドラマについてはふれないことに。
※あくまで店主の個人的な感想です。
1
タグ: 宮藤官九郎



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ