映画レビューは “アトリエミシェルの製作&柴犬ブログ”にて更新中。 http://ameblo.jp/atelier-michelle/

2010/8/25

夢をめったにみないけど侵入可能?  映画

お客さまイチオシ映画
『インセプション』を観ながら
眠りに落ちてしまった…


最近来店された若い女性のお客さまが、『好きな映画ベスト10』の1位にいきなり『インセプション』と書き込み、クリックすると元のサイズで表示しますまた別の女性のお客さまが『映画館で見た方が絶対いい!』とものすごく感動していた。
まあ、ありえないことだが、人が夢をみている間にその潜在意識の中に入り込み情報を盗む産業スパイの話だ。その中でもスゴ腕のコブ(ディカプリオ)は、サイトー(渡辺謙)に不可能と言われる情報の植え付け“インセプション”を依頼される。ところがターゲットはそれを阻止すべく訓練していて、入り込んだ夢の中で襲われて、戦ったりする。
『マトリックス』のようなSFものをあまりおもしろいと思わないない店主は、インセプションもたぶんダメだろうと二の足を踏んでいたのだが、期待を少し膨らませてやっと観に行くことにした。しかーし、やはりのっけから襲いかかる睡魔!に打ち勝てず、目を閉じては開けての繰り返し。ただでさえ複雑でわかりにくいと評判のストーリーが理解できるはずもなく、おもしろそうでもあったが、特に心を動かされることもなく終わってしまった。気づいたら何のために何を植え付けたのかわからないままだった。夢が何層にもなっていて…とにかく難し過ぎる。プログラムを買って読んでもわからなかった。
ただし、おもしろいと評価している人の方が多いので店主の感想は参考にはなりません。
クリックすると元のサイズで表示します今回も絶賛されている渡辺謙がカッコよかったかと言うと、そうでもない役柄だ。でも、出てくる俳優たちはみんなステキで、大物&有名俳優が次々に登場する。キリアン・マーフィーまで出てくるのだ!個性を殺して、夢に侵入される大会社の御曹司役をさわやかに演じている(『バットマン・ビギンズ』で不気味過ぎる悪役スケアクロウを、ダニー・ボイル監督の『28日後…』で主役、『プルートで朝食を』のニューハーフ役でゴールデングローブ賞受賞!『麦の穂をゆらす風』で演じたアイルランドの悲しい青年兵士役は高評価を得た。すべて必見である!)。
さらに納得できないのが、ディカプリオの抱えるトラウマが『シャッターアイランド』の時と同じと言ってもいいくらいの設定であること。演じているディカプリオ本人も気づかないわけがないのに…。
「あの役はディカプリオじゃなくても別によかったかな」とお客さまも言ってたけど…その通りだと思う。
…次の『ベストキッド』に期待だっ!
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ