映画レビューは “アトリエミシェルの製作&柴犬ブログ”にて更新中。 http://ameblo.jp/atelier-michelle/

2011/3/29

ロケ場所はどこっ!?  映画

高評価レビューにおされて
『SP革命篇』やっぱりてしまいました。クリックすると元のサイズで表示します

公開前に放送された『SP革命前夜』を最後の方だけでも見ることができてよかった。
あれを見ていないとダメだ。SPメンバーのエピソードや、堤真一演じる緒方の素性を調べていた人間が襲われたり(この人、『ゼロの焦点』でも調査中に襲われて殺されている)…。映画は前置きもなくその続きから始まる。
国会議事堂を占拠して、政治家たちをつるしあげていく。テロリストの進行で汚職の暴露がテレビ中継されるのだ。実際にやったらすかっとするだろうな、と思わせるあたりが評価されているのかもしれない。
岡田准一演じる井上のSPチームのみが仲間はずれで、他は全員テロリスト。4人で制圧していかなければならない。
舞台はクラシックな建物だが、本物の国会議事堂で撮影ができるほど東京のロケ事情は開けていないハズだ。調べてみると滋賀県庁でのロケだった。おもしろい!
滋賀ロケーションガイド↓
http://location.shiga-saku.net/e576939.html
会議場とそれを取り囲む通路・階段、地下の非常通路などを余すところなく使ってのアクション!よく練ってるな〜とは思うのだが、ストーリーに評判ほどの感動はなかった。
完璧な映画『悪魔を見た』の後だったからか…。
で、このテロ行為の結果どうなったのか、全く描かれていないのだ。ファイナル・エピソードとなっているが、どう考えてもまだまだ続けられそうだ。最後の爆発も誰が何のためにやったのかわからない部分がある。たぶん居眠りして見逃したりはしてないと思うのだが…。う〜ん、残念。 

スッキリしないので、また一つ元気になる映画をおススメします!
爆笑と感動間違いなしの『キンキーブーツ』!!
クリックすると元のサイズで表示しますイギリスに社会現象を巻き起こしたと言われる映画。実在する人物がモデルだ。倒産寸前の靴工場を相続した優柔不断な若社長が、窮屈な女性用ブーツに困っていたドラッグクイーンと組んで、新商品を開発していくストーリー。
実話だけあって、ドラッグクイーン用のブーツ作りというニッチ市場を開拓したあたりは、勉強になる。キンキーブーツとは“変態ブーツ”という意味らしい。
その、迫力の美のカリスマ(?)ローラを演じているのは黒人俳優のキウェテル・イジョフォー。女装とは全く縁がなさそうなのに、さすが俳優!完璧な演技を見せてくれる。
劇場公開時、超満員だった『キンキーブーツ』!ある意味いものを見せてくれるので、是非お試しください。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ