2017/6/30

銀座であんみつ休憩♪  カフェ

☆誰かが、あんみつを食べた思い出を記録します


銀座4丁目に降り立ちました
クリックすると元のサイズで表示します

ギンザシックスが誕生して、賑わっています
クリックすると元のサイズで表示します

一度、銀座で‘あんみつ三昧’をしてみようと
企てました

まず「おかめ」に入りました
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

続いて、あんみつ発祥といわれる「若松」に行って
みました
ビルの中にあります
クリックすると元のサイズで表示します
続きを読む
0

2017/6/25

6月のおやつ  お菓子

☆ボヤボヤ過ごしているうちに、6月も末になりました
 梅雨入りしたものの、例年より冷房の稼動回数が
 少ない気がします

食欲あるような?無いような?
とりあえず、甘い物は、欠かせないです

まず、6月初旬、地方の情報誌で見かけた和菓子屋さんに
立ち寄ってみることに♪

店先に咲きかけの紫陽花を見つけました
クリックすると元のサイズで表示します

日当たりが好いので、早めに咲いたのでしょう
クリックすると元のサイズで表示します

庶民的な和菓子屋さん、お稲荷さんやのり巻も
売っていて、この地方では珍しいかな?
クリックすると元のサイズで表示します
続きを読む
0

2017/6/23

信州のおみやげ  自分みやげ

☆軽井沢からの帰路、久しぶりに‘くるみの里・雷電’と
 いう道の駅に、寄ることが出来ました

江戸時代、2メートル近い巨漢のお相撲さんの雷電が
生まれ育った所だそうです
クリックすると元のサイズで表示します

信州名物‘おやき’を買いまして・・・
クリックすると元のサイズで表示します

お目当ての‘くるみおはぎ’何とか買うことが出来ました
(4時過ぎだったので、売り切れか??!!)
クリックすると元のサイズで表示します

わらびなど、お野菜も少し買いました
クリックすると元のサイズで表示します

寄り道の多い旅、棚田百選の稲倉にも立ち寄りました
水田は美しいです
クリックすると元のサイズで表示します

そして最後の寄り道は?!小布施です
クリックすると元のサイズで表示します

竹風堂です
クリックすると元のサイズで表示します

ちょこちょこと選んでみました
栗菓子はお高いです
クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/6/23

スタイリッシュなレストラン  ランチ

☆例年より、だいぶ遅れての梅雨入りですが、
 雨の日は、少ないです
 冷房を入れるような温度も湿度も無く
 6月下旬にしては、過ごしやすい毎日です

先週、お友達とランチに行きました
駅裏の住宅街にあります
建物からして、目立っています
クリックすると元のサイズで表示します

半分野外?!吹き抜けのスペースもあります
クリックすると元のサイズで表示します

私たちは、2階席に案内されました
大きなポスターに見つめられています
クリックすると元のサイズで表示します

まずは、細々とした前菜プレートです
クリックすると元のサイズで表示します
続きを読む
0

2017/6/20

嬉しい贈り物♪  プレゼント

☆先日、ネットを始めた頃からのお付き合いのあるSさん
 から、思わぬ誕生プレゼント(4月生まれですけど)を
 いただきました
 パケ買いというジャンルもあるそうですが、女子なら
 つい、入れ物の美しさに引かれる部分は否めませんね

神戸の老舗菓子店ケーニヒスクローネです
クリックすると元のサイズで表示します

誕生祝いの掛け紙がついていました
クリックすると元のサイズで表示します

乙女心に響くパッケージです♪
クリックすると元のサイズで表示します
続きを読む
0

2017/6/20

今年もありがとう  いただきもの

☆毎年忘れずに、アスパラを送ってくれる友人がいます
 美瑛のアスパラ、寒暖の差が大きいので、甘いのが
 特徴です 
クリックすると元のサイズで表示します


感謝していただいています
いつもありがとうございます
クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/6/17

軽井沢で別荘気分  カフェ

☆ずいぶん前の話になりますが、群馬に泊まって
 軽井沢に立ち寄って、帰りました
 前回見つけた素敵なカフェ、少し迷いましたが
 何とか辿り着くことが出来ました

 何代に渡って使われてきた由緒ある別荘です
 国の有形文化財に指定されています

車を預けて、トボトボ歩きました
開いてて良かった♪
クリックすると元のサイズで表示します

こんな明治後期か、大正の洋館です
ライシャワー夫人になられた治子さん、松方正義の
お孫さんで、こちらで夏を過ごされていたとか?!
クリックすると元のサイズで表示します

こちらも感じのよいスペースでした
クリックすると元のサイズで表示します

暖炉のあるゆったりしたリビングで、お茶をいただくのも
素敵な時間が過ごせそうです
クリックすると元のサイズで表示します

部屋の片すみに、森瑶子さんの文庫本が置かれています
「情事」はセンセーショナルなデビュー作。
ー37歳 夫がいて子供がいて、生活は豊かで幸福だったが、
 たまらなくひもじく、自分自身に絶望していた時期、
 池田満寿夫が『エーゲ海に捧ぐ』で芥川賞を受賞したのを知り、
 それに刺激されて『情事』を書いたそうです
クリックすると元のサイズで表示します

森瑶子さんもこちらの別荘に滞在して、小説を書いていた
時期があったそうです
瑶子さん、まだお若いのに、あっという間にお亡くなりに
なられたのは残念でした
続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ