映画レビューは “アトリエミシェルの製作&柴犬ブログ”にて更新中。 http://ameblo.jp/atelier-michelle/

2011/9/23

A列ゲット!  舞台

『髑髏城の七人』観劇

劇団新感線の舞台に失敗はない!たぶん。以前、『五右衛門ロック』を見て、初めて心からのスタンディングオベーションを体験した。
当然チケットは入手困難である。今回ラッキーなことに手に入れた席は…A列の左端の席、役者の出入りする言わば花道の脇だ。
主役の一人二役を、今までは劇団の看板役者“古田新太”“市川染五郎”が演じてきたのだが、今回は小栗旬森山末来の二人が演じている。
大感激だった『五右衛門ロック』で最も驚いたのが森山未來だった。ダンスがうま過ぎて誰かわからなかったくらいだ。あの風貌からは想像できないの持ち主である。
そういうわけで期待大で臨んだ『髑髏城の七人』だったが、前半、森山末来の活躍はさほどなく、小栗旬の恵まれたプロポーションを確認したくらいだった。幕間の休憩で男性客が「『五右衛門ロック』の時の森山末来はヨカッタ、今日のは盛り上がりに欠ける」とがっかりした様子。全くの同感だ。
後半にはとうとう森山末来大爆発!ダンスこそなかったが、立ち回りもセリフ回しも劇団員に負けてない迫力と実力。同じS席のチケット代なら森山末来の一人舞台を観てみたい。
小池栄子もきれいでうまくて存在感があり、呼ばれて出ましたという客演の浮いた感じが全くなかった。
ずっと前にBOX席2列目で見た『野獣郎見参』では、堤真一が汗を流し立ち回るのを観て、大興奮&大感激だったのに、今回は真横で演じる小栗旬を見ても心拍数も何も変わらなかった。人間の心理とは何とわかりやすいものであろうか。
あー、染五郎のアオドクロ、古田新太のアカドクロも見てみたい!
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ