映画レビューは “アトリエミシェルの製作&柴犬ブログ”にて更新中。 http://ameblo.jp/atelier-michelle/

2011/10/18

未来を担う砂糖。  フェアトレード

クリックすると元のサイズで表示しますミネラルの詰まった
インドネシア伝統の甘味料
“ハニーココナッツ”
のべ7000人を超える子供たちの
進学を援助しています。


ハニーココナッツ(以下“ハニココ”)は、ココ椰子のつぼみから採れる花序液を煮詰めただけの純粋な甘味料です。樹木の成長に必要なミネラルをたっぷりと含んでいます。
上白糖や蜂蜜に比べてカルシウム、カリウム、マグネシウム豊富で、代謝活動に必要な酵素を作る亜鉛もたっぷりのすぐれモノ。また、ものを食べた時の血糖値の上昇割合を示すGI値(グリセミック指数)がブドウ糖の100に対してハニココは35!黒砂糖の90以上に比べてもかなり低い数値です。
ハニココは、普通の砂糖に比べてやさしい甘さ、飲み物に加えると特にそのまろやかさがはっきりとわかります。バタートーストやヨーグルトにふっておいしさをそのまま味わうこともでき、調理に使えば料理やお菓子の味が引き立ちます。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますハニココは、インドネシアのクーロンブロゴ県で、伝統製法によりすべて手作業で作られています。10年以上経って花をつけてきた椰子の木に、男性が1日2回手足だけで登り花序液を採取し、それをすぐに女性が濾過して、じっくりじっくり煮詰めます。結晶化直前で火から下し、冷ましながら混ぜ、固まる前にふるいにかけ、粒の大きさを揃えてできあがりです。栄養や製法について詳しくは↓是非こちらをご覧ください。
http://www.geocities.jp/yasizato/seibun.htm

クリックすると元のサイズで表示します伝統の甘味料を復活させたのは、一人の青年ジョニーです。有能なビジネスマンであり敬虔なクリスチャンである彼は、休日のたびにスラムを回って子供たちに学用品や本をプレゼントし、教育を受けさせたいと思う有望な子供には学費や生活費を援助していました。ですが、子供たちの数があまりにも多く、ポケットマネーでは賄いきれなくなりました。そこで、奨学金を拠出するために考案したのが現地の人々によるハニココ製造の事業です。クリックすると元のサイズで表示します
日本での協力者を得て、1998年から販売を開始。これまでの13年間で支援した児童の数は延べ7207人になるそうです。 それでも、インドネシアにはまだ800万人の学校に行けない子どもがいるとのこと。
1ℓの蜜からできた200gのハニーココナッツ、籠入りで630円です。5色の竹籠も、親から子へ受け継がれてきた伝統のクラフト品です。

1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ