映画レビューは “アトリエミシェルの製作&柴犬ブログ”にて更新中。 http://ameblo.jp/atelier-michelle/

2012/6/17

恒例行事。  日記

クリックすると元のサイズで表示します
今年の梅酒はで。

何年も前にもらった撮影用の南高梅、初めて見た梅だったので大好きな梅酒を自分で作ってみることにした。
それから毎年恒例の行事となった。
売っているものとの違いは、飲んでみるとはっきりわかる。
まるで人工的に香りづけしたかのように濃厚である。香料が嫌いな店主は最初に違和感を感じたほどだ。つまり、香料がいかに巧みに作ってあるかということに、気づいた時でもあった。クリックすると元のサイズで表示します
本物の味を知ると、それまでおいしいと思っていたチョーヤの梅酒でさえ物足りなくなる。
写真☞右は昨年のもので、左はその前年もの(青梅)。時間が経つとどんどんおいしくなっていく。

実は自家製のお酒は、法律で同居の親族で飲むだけに限られている。他人にふるまってはいけないのだ。親兄弟にも飲んでもらえないということになる。
国税庁の管轄らしい。



5
タグ: 南高梅 お酒 自家製



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ