映画レビューは “アトリエミシェルの製作&柴犬ブログ”にて更新中。 http://ameblo.jp/atelier-michelle/

2012/10/23

日米コミック対決!  映画

絶賛された2本
アベンジャーズ VS るろうに剣心

アイアンマンが異常におもしろかったし、評判も上々だったので期待を最大限に膨らませて見に行った『アベンジャーズ』だったが…
全く心が動かなかった。終盤まあまあ盛り上がる程度。おもしろくないー、と心の中でつぶやき続けた。
予告映像でビジュアル的にイマイチかなと思っていたキャプテンアメリカはその通りだったし、前に書いた『幸せへのキセキ』で最高によかったスカーレット・ヨハンソンは、相変わらずガンバればガンバるほどSF的なアクションものには似合わない。残念。
後日テレビで『アイアンマン2』を見て、映画館で訳がわからなかったサミュエル・L・ジャクソンとスカーレット・ヨハンソンの役割がやっと理解できた。
こうなったら『アイアンマン3』に期待するしかない。

タイトルしか知らなかった『るろうに剣心』は友人の高評価に加えて、
連日佐藤健を絶賛する報道、あの香川照之「佐藤健は天才」と言い切っていたのでもう見るしかないっ!と、見に行った。『龍馬伝』での活躍も見てなかったし、アクションにうるさい私は期待を最小限に抑えていざ鑑賞。
これは…カメラワークのうまさなのかっ…確かにスゴかった。天才かどうかまでは言えないが、すごい身体能力だと思った。
話もおもしろいし、江口洋介『GOEMON』以来のカッコよさだった!
またまた後日テレビでメイキング映像を見て、カメラワークではなく本当のスピードと殺陣の見事さを確認した。やっぱり佐藤健は天才かもしれないと思った矢先、週刊文春での情けないスキャンダル発覚。巻き込まれた感じだがまだまだあのアイドルよりも格下の扱いなんだなあ。

それでも文句なく『るろうに剣心』勝ち!

3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ