映画レビューは “アトリエミシェルの製作&柴犬ブログ”にて更新中。 http://ameblo.jp/atelier-michelle/

2012/11/22

映画の前に涙  映画

トークショー付き試写会
ロックアウト


リュック・ベッソン制作&脚本の、フィフスエレメント以来のSF映画。
2079年の刑務所を訪れた大統領の娘が囚人たちに襲われ、
ガイ・ピアース演じる元CIA工作員が救出に送り込まれるという話。

試写会は小さな会場だったが
ムービー&スチールの取材カメラがいくつも設置されていて、
上映前にトークショーを行うという。
まさかリュック・ベッソンや主演のガイ・ピアースが来るはずはないので、
期待せずに待っていたら…
“多岐川華子”が出てきた。
仁科亜季子(と松方弘樹)の息子との離婚話で最近名前がよく出る人だ。
大統領の娘にかけて女優“多岐川裕美”の娘を呼んだとのこと。
司会の女性とのトークに、会場は乾いた、静かな空気が占める。
しばらくして「もうお一人お呼びしています」というので
若干空気が動いた。ここは当然芸人の登場でしょう。
“小島よしお”だった。
「おー!」この場合、小島よしおでもかなり盛り上がる。
というか「ほっ」としたという空気。
二人は同じ事務所ということで、まさしく“バーター”である。
なぜか洋服を着ての登場だったが、新ギャグを振られてイマイチの反応に、
思わず脱いでいつものパフォーマンスをお披露目。
期待通りの流れに拍手が起こった。
「こんなに受けたのは5年ぶりです」と小島が言うと
さらに拍手が大きくなった。
日本人ってやさしいなあと、感涙してしまった。

そして1時間35分の上映―――。
感想なし。
未来のアルカトラズと言われる宇宙に浮かぶ究極の監獄、
コールドスリープによる囚人の完全管理、
とにかくすごい設備らしい。
ガイ・ピアースは、犯罪者として捕らえられたCIA工作員。
大統領の娘は囚人の管理に問題があるという疑いを持って訪問。
囚人の中に狂気に満ちたのがいたり、リーダー格のがいたりするのだが
完全に連ドラの総集編のようになってしまって、
様々なおもしろい設定がどれも描き切れていなかった。
どのキャラクターも魅力を感じるところまでいかない。
眠くはならなかったが、ハラハラも全くなし。
もったいないなあ、ドラマならきっとシーズン3,4まで作れたのに。

試写会の前、昼間クリント・イーストウッド
『トゥルークライム』をテレビでまた観て、
最後の最後ホントにハラハラさせられた〜。
死刑執行が迫る殺人者の冤罪を信じて、必死に真相を探る新聞記者を演じている。
イーストウッド69歳の時の作品なのだが、娘役が幼児で
「それはありえんだろ!」と思ったが何と実の娘だった。
ジェームズ・ウッズルーシー・リューも出ている。
こっちの方が断然オススメです!

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ