映画レビューは “アトリエミシェルの製作&柴犬ブログ”にて更新中。 http://ameblo.jp/atelier-michelle/

2013/2/1

心拍数に変化なし。  映画

『アウトロー』
公開初日に鑑賞


見終えて「…なるほど」という感想。
ミッションインポッシブルがあまりにおもしろいので
それを超えるハズはないと思って行ったので
がっかりすることもなく、退屈もしなかった。
6発の銃弾と5人の死者で始まるストーリーは
毎日見ているCSIと同じようにおもしろかった。
が、トム・クルーズ以外のキャラ(もしくは俳優)に
特別魅力がなく、話の展開もB級感がぬぐえない。
激しく長いカーチェイスも、
思わず「うわあーっ!」ということがなかった。
一匹狼の元軍人が法を無視して悪党を成敗する。
誰かのレビューにもあったが確かに「古臭い」かもしれない。
クリント・イーストウッドの映画を見ているようでもあった。

クリストファー・マッカリー監督
『ユージュアル・サスペクツ』で脚本、
トム・クルーズ主演の実話を描いた
ヒットラー暗殺計画『ワルキューレ』、
次回作『ウルヴァリンSAMURAI』
ユニークな作品を撮っているのだが、
『アウトロー』は至って普通。

今作にはいろんな役で似たような老俳優が3人出てくるので
あるシーンで「あぁー、あいつ!」
隣席に座っていた夫婦が勘違いして盛り上がっていた。
その中のひとりが頼もしい助っ人になるのだが
もう少し若かったら、味のある相棒になれたのに残念。

こうなったら
トム・クルーズの5月公開の新作
『オブリビオン』に期待だー!
まるで宇宙戦争の続きみたいな話のSF大作らしい。
ジャック・リーチャーからジャック・ハーパーって
名前は代わり映えしないが…

トム・クルーズが
イーサン・ハントに負けない新しい当たり役を目指すなら、
『コラテラル』で演じた白髪まじりの寡黙な殺し屋くらい
別人キャラを生み出して欲しい。
できれば、ジョン・ダニングの小説に出てくる
元刑事で古本屋店主クリフォード・ジェーンウェイ
探偵のように事件を解決していくシリーズを映画化して欲しい。
ちょっとタイプが違うかもしれないので、
主演は少し知的な俳優でお願いしたい。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ