映画レビューは “アトリエミシェルの製作&柴犬ブログ”にて更新中。 http://ameblo.jp/atelier-michelle/

2010/10/27

みんなのおススメ映画2本!  映画

ニック・カサヴェテス監督作品にハズレなしかも。
『きみに読む物語』やっと観ました。
クリックすると元のサイズで表示します
認知症の老婦人に、若い男女の恋物語を読んで聞かせる老紳士。タイトル通りのストーリーである。予備知識なしで観たので、意外だった。ニック・カサヴェテスの作品はユニークなものが多い(ロビン・ライト&ショーン・ペン元夫妻とトラボルタ主演の『シーズ・ソー・ラブリー』もハチャメチャで本当にラブリーでおススメ!監督父のジョン・カサヴェテスの遺作脚本です。ぜひご覧ください)。
クリックすると元のサイズで表示します主演女優のお転婆な走りっぷりと笑顔がキュート。そんな彼女アリーに一目惚れした材木置き場で働く青年ノアは猛烈“命がけ”のアプローチで、相思相愛になる。人目もはばからぬ仲の良さと派手な喧嘩を繰り返しながら、二人は将来の夢を描いたりしていた。
しかし裕福な家のお嬢様であるアリーは両親に交際を反対され、結局大学進学のため離れ離れとなり…アリーは病院でのボランティアで出逢った負傷兵(才能のかたまりのジェームス・マースデンが演じている!ホントにどこにでも出てるなあ)からデートに誘われ、その男性がものすごい資産家の御曹司で申し分のない人柄、両親にも気に入られるというでき過ぎた設定。
さてさてそこからどうなるのか、認知症の老婦人も先が知りたくてたまらない。
老婦人の名前はアリー、老紳士はノアという名前だ!ノアの子供や孫たちも施設に面会に現れる。二人は一体どうなったのか、アリーでなくても気になってしかたがない展開だ。
そして結末は…!?思い出すと泣けてくる。
大人ならきっとだれもがさまざまな場面で涙するだろう。余韻が心に長く残る物語である。
クリックすると元のサイズで表示しますこの中で二人の仲を裂こうとしたアリーの母親の若き日の恋もせつない。この話の中で店主が最も泣けたエピソードである。どっちの人生を歩んでいたら一番幸せだったか…決して知ることができない究極の選択だ。

評価の高い日本映画
『アフタースクール』も遂に観ました。

クリックすると元のサイズで表示します大泉洋に佐々木蔵之介が出ているのでてっきりハチャメチャコメディかと思っていたら、最初っからミステリアスで不可解な事件ものだった。“細部まで練り込まれた脚本と巧みな構成で描く大人の放課後”という説明通り、最後の最後まで真相がわからない。ほほえみの貴公子・堺雅人を加えて今を象徴するような顔ぶれであるが、どの役者も役柄そのもので、何よりストーリーのおもしろさにに引きこまれてしまう。
クリックすると元のサイズで表示します観終わってみると、大泉洋がかっこいい〜っとなる意外な結末。つまりは中学時代からの純愛物語なのである。しっかし、よく考えたなぁと感心しきりな物語だ。
どこにも気張りのない大泉洋の自然な演技、この中で一番の役者かも。
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ