映画レビューは “アトリエミシェルの製作&柴犬ブログ”にて更新中。 http://ameblo.jp/atelier-michelle/

2011/1/28

今期のドラマは・・・  ドラマ

『相棒』強し!
NHK効果草ナギ人気期待はずれ

何と、『相棒9』26日放送の視聴率が20%超えっ!19日のイギリスドラマ風の設定もおもしろかった〜。
『外交官・黒田康作』、海外ロケから始まってイ・ビョンホンまで出ていたので、一体いくらかけて、これからどうするんだろうと思っていたら2回目からは東京編とかで、普通のドラマに落ち着いた。映画の時から真面目過ぎてちょっと面白みに欠けていたのだが、ドラマもそのままの路線で…それにしても香川照之!ドラマに映画に使い過ぎっ!『あしたのジョー』ではとうとう丹下段平まで…
『ゲゲゲ〜』で国民的女優になった松下奈緒の『CONTROL』は、NHKの偉大さか視聴率18.4%で始まった。その後どうなるのか、店主はもう離脱ぎみ。
天才・草ナギ剛『冬のサクラ』は高評価で14%台を維持する安定ぶりだが、やはり『任侠ヘルパー』での強烈なクリックすると元のサイズで表示します演技が最高だっただけに、店主には物足りない静けさ。これから盛り上がってくれると期待。
草ナギの天才ぶりは、韓国語を話し始めて出演した映画『ホテル ビーナス』☞あたりから極まっていた。素の時の抜けっぷりとの落差を考えると、演じることについては本当に天賦の才能としか言いようがない。先日の『任侠ヘルパーSP』でもさらにアニキっぷりを発揮し、インタビューでスタッフ共々思い入れの深さを知り感動したー!北村有起哉の、静かでありながら狂気を醸し出す極道ぶりもすごかった。クリックすると元のサイズで表示します
北村は、店主が2000年の☜『日本の黒い夏』という松本サリン事件を扱った映画で見た時から注目していた俳優だ。父・北村和夫とは全く違う個性派である。
意外なところでちょっとおもしろいと思うのが深夜ドラマの『示談交渉人ゴタ消し』。キングコングの西野が主演で、そのルックス(特に目)で役作りが完成していると言えるくらい不思議だ。演技もうまいのかどうなのかわからない不思議さ。共演のゴリは確実にうまいし、いい味出している。毎回のゲストがお笑い芸人で、たいていの俳優よりもみんなうまい。ストーリーもさすが原作が漫画だけあっておもしろい。
船越英一郎主演の『ホンボシ』は、元心理学者が“特別捜査支援班”で事件を解決していくという物語。これは本で読んだらさぞかしおもしろいだろうなと思う。ドラマのキャストがそれぞれ濃くてどうにもそっちが気になってしまうのだ。
月9は世間の酷評通り、期待はずれだった。『美しい隣人』はストーリーもどっちの女優もイライラしてしまって離脱つつある。『LADY』は、これまた事件のプロファイリングもので、第1回SPではDAIGOが犯人役を大熱演!おもしろかった〜。が、2回目からもういいかなと。録画してまだ見てない『江』などまだまだいっぱいある。それにしてもドラマ多すぎ!
※草ナギの“ナギ”という漢字を入力すると、始末に負えない文字化けが発生。どーいうこと!?

7
タグ: 草塙・>



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ