映画レビューは “アトリエミシェルの製作&柴犬ブログ”にて更新中。 http://ameblo.jp/atelier-michelle/

2011/2/23

完全再現!  映画

クリックすると元のサイズで表示しますやはり見ずにはいられない
『あしたのジョー』見てきました。

実写映画化する必要があるのか!?と、店主も最初は思っていたが、あそこまでやればOKとほめたくなる。曽利監督(『ピンポン』も)は、漫画のキャラクターを完璧そっくりに作り上げる。『ピンポン』の窪塚洋介や中村獅童、ARATAなど役者がよければ仮装にはならないと納得した。伊勢谷友介の力石は完璧、ジョーの山下智久もセリフ以外は容貌もケンカのシーンも嘘のようにそのものに見えた。
残念なことに、映画を見る12時間前の深夜にうっかり、メイキング番組を見てしまい、物語には入り込めなかった。なるほど、なるほど、と納得しながら見てしまったー。その上、アニメで見たエピソードや試合の詳細を完璧に覚えていたし。
クリックすると元のサイズで表示します丹下段平役の香川照之がクランクアップの時に、泣きながら「30年間ボクシングを見て来たのはこのためだった…間違いなく香川照之の代表作になります」とコメントしていたので、漫画そのものの扮装も気にならず感動さえ覚えた。本当にジョーを愛しているおっつぁんになりきっていたし、コーチング姿も元ボクサーに見えたほど。伊勢谷と共に助演男優賞をとりそうな気がする。
クリックすると元のサイズで表示しますやさしい性格の山下智久が、厳しいトレーニングと現場で追い込まれていくうちに本気の打ち合いをする状況に至り、メイキングで気合いを入れながら何度も何度も殴り合うシーンはショッキングでさえあった。攻撃本能が呼び覚まされたらしい。
多くの人に指摘されている演技については、確かにその通り。男の色気やいつもニヤニヤしていたジョーのニヒルなイメージは出せていなかった。香里奈も同様。
力石の階級を下げての計量シーンは評判通り衝撃的で、てっきりここだけはCGかと思ったのだが、そうじゃなかった!実際に1日で5s戻ったらしい。アニメの通りの過酷さだったようだ。
とりあえず見る価値はありだと思う。

店主おススメの映画がテレビ放映されます!クリックすると元のサイズで表示します2月24日テレビ東京13:30〜、今店主が一番好きなハリウッド女優シャーリズ・セロン13sも増量し、眉毛を抜き、口角を下げて、連続殺人犯を演じた『モンスター』が放映されます!残酷で悲しい実話。必見、シャーリズ・セロンの女優魂炸裂です!
☜写真の左上が実際の人物。下がシャーリズ・セロンの変身した姿。

2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ