映画レビューは “アトリエミシェルの製作&柴犬ブログ”にて更新中。 http://ameblo.jp/atelier-michelle/

2011/9/28

澤瀉屋(おもだかや)!  舞台

クリックすると元のサイズで表示します亀治郎が“猿之助”を襲名
香川照之歌舞伎役者にって…


ずいぶん前に≪歌舞伎と落語≫通の会社の先輩に連れて行ってもらって大ファンになったスーパー歌舞伎、猿之助が表舞台から去ってからは見に行っていないが、その一門が昨日いきなり脚光を浴びた。
亀治郎が猿之助を襲名というだけでもニュースなのに、それと共に唐突過ぎて唖然としたのが46歳香川照之歌舞伎役者に”である。
ヤフーニュースで≪香川照之に歌舞伎できるのか≫とさっそく出ている。
両親の離婚の条件が『息子とは二度と会わない』ということで、大学卒業後初めて猿之助の楽屋を訪ねた香川照之は、「俺には息子はいない、引き取ってくれ」と言われて以来父を憎み続けてきたと聞いていたので、サプライズ過ぎる襲名披露となった。
亀治郎の方は、ありがた迷惑らしく「死ぬ時は亀治郎で死にたい」と言っているらしい。店主はてっきり小学生で弟子になった市川右近が継ぐものと思っていた。一般から歌舞伎界に入ることができても、やはり継ぐことはできない世界なのか。≪里見八犬伝≫で店主が大ファンになった市川段治郎も右近とダブルキャストで主演をするほどになったが一般の出身だ。
今でこそ舞台での宙乗り、フライイングはジャニーズもやってるほど当たり前なのだが、歌舞伎で初めて見た時は、『E.T.』で子供たちが自転車で飛んだ時と同じようになぜだか激しく感動したものだ。
猿之助の宙乗り600回記念の舞台だったか、花道横のいい席を入手して、母に見せてあげたのだが…見終わってすぐに「歌舞伎はもういいわ」と冷静に言われた。その母は翌日、ディズニーランドのパレードで白人の王子様に魅了され、抱きつかんばかりに飛び出しそうになったので必死に抑えつけた。親子でも感性はまるで違うものである。
*スーパー歌舞伎のプログラム*喫茶室に置いておきます。興味のある方はぜひご覧ください。ただし、写真だけで見ると、ただの仮装行列に見えるかもしれません!

3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ