映画レビューは “アトリエミシェルの製作&柴犬ブログ”にて更新中。 http://ameblo.jp/atelier-michelle/

2011/10/21

海老か、猿か、  映画

どちらが感動作か!?クリックすると元のサイズで表示します
話題の時代劇 vs SF
2本続けて観ました!

『一命』は、主演の海老蔵と瑛太が、共に家族を思い演じたという、『切腹』('62 仲代達也主演)のリメイク作品。
前に見た『十三人の刺客』と同じ三池崇史監督作で、観終わった時の感想は全く同じだった。とにかくスゴイけど、感想が何もない。ストーリーに気が回らなかった。
大名家の取り潰しが相次ぐ江戸時代初頭の話で、仕事を失い生活に困窮した侍たちが裕福な大名屋敷に≪切腹の場を貸してほしい≫と訪れ、うまくいけばそこで家来に召し抱えられたり、金銭を与えられるという噂が広まる中で、この物語が描かれている。
今の時代と変わらずお金のない家族がとてつもなく悲惨な状況になること、切腹がどういうものか、をイヤと言うほど知ることになる。
そして、なぜだか海老蔵演じる武士が強すぎる。初めて見た海老蔵の終始穏やかな表情の演技は素晴らしかった。
どちらかというと、この家族の事情に巻き込まれる大名家の武士たちの方が気の毒な気がする。
クリックすると元のサイズで表示します猿の惑星』'68 でなぜ地球が猿の世界になり、人間が下等動物として扱われていたのかをさかのぼって描いた『猿の惑星ジェネシス』
でき過ぎっ!これは当時では作れないエピソードだ。
脚本家が新聞で目にした《チンパンジーが飼い主を襲った》という記事と、同時にリサーチしていた“動物実験と遺伝子研究”から思いついた突拍子もないストーリーを、同じく脚本家の妻に語っているうちに偶然“『猿の惑星』ができちゃったよ”なのだそうだ。
人間の主演は、店主のベスト10映画に先日ランクインしたばかりの『127時間』ジェームズ・フランコ!。今回のやさしい科学者役もぴったりで、前半のかわいい猿との生活ぶりに終始顔が緩みっぱなし♡だった。
クリックすると元のサイズで表示しますこの映画の見どころは全部!
猿の表情(泣かせます!)☞、人間との絆、父と子の絆、猿の知能戦、人間の戦争映画に出てくるような友情や犠牲の精神までが描かれ、確実に猿に味方してしまうようになっている。
エンドロールの途中にもまだエピソードがあるのでお見逃しなく!
結果は… 猿≫海老

1
タグ: 切腹

2011/10/18

未来を担う砂糖。  フェアトレード

クリックすると元のサイズで表示しますミネラルの詰まった
インドネシア伝統の甘味料
“ハニーココナッツ”
のべ7000人を超える子供たちの
進学を援助しています。


ハニーココナッツ(以下“ハニココ”)は、ココ椰子のつぼみから採れる花序液を煮詰めただけの純粋な甘味料です。樹木の成長に必要なミネラルをたっぷりと含んでいます。
上白糖や蜂蜜に比べてカルシウム、カリウム、マグネシウム豊富で、代謝活動に必要な酵素を作る亜鉛もたっぷりのすぐれモノ。また、ものを食べた時の血糖値の上昇割合を示すGI値(グリセミック指数)がブドウ糖の100に対してハニココは35!黒砂糖の90以上に比べてもかなり低い数値です。
ハニココは、普通の砂糖に比べてやさしい甘さ、飲み物に加えると特にそのまろやかさがはっきりとわかります。バタートーストやヨーグルトにふっておいしさをそのまま味わうこともでき、調理に使えば料理やお菓子の味が引き立ちます。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますハニココは、インドネシアのクーロンブロゴ県で、伝統製法によりすべて手作業で作られています。10年以上経って花をつけてきた椰子の木に、男性が1日2回手足だけで登り花序液を採取し、それをすぐに女性が濾過して、じっくりじっくり煮詰めます。結晶化直前で火から下し、冷ましながら混ぜ、固まる前にふるいにかけ、粒の大きさを揃えてできあがりです。栄養や製法について詳しくは↓是非こちらをご覧ください。
http://www.geocities.jp/yasizato/seibun.htm

クリックすると元のサイズで表示します伝統の甘味料を復活させたのは、一人の青年ジョニーです。有能なビジネスマンであり敬虔なクリスチャンである彼は、休日のたびにスラムを回って子供たちに学用品や本をプレゼントし、教育を受けさせたいと思う有望な子供には学費や生活費を援助していました。ですが、子供たちの数があまりにも多く、ポケットマネーでは賄いきれなくなりました。そこで、奨学金を拠出するために考案したのが現地の人々によるハニココ製造の事業です。クリックすると元のサイズで表示します
日本での協力者を得て、1998年から販売を開始。これまでの13年間で支援した児童の数は延べ7207人になるそうです。 それでも、インドネシアにはまだ800万人の学校に行けない子どもがいるとのこと。
1ℓの蜜からできた200gのハニーココナッツ、籠入りで630円です。5色の竹籠も、親から子へ受け継がれてきた伝統のクラフト品です。

1

2011/10/8

貴重な一冊!  映画

クリックすると元のサイズで表示しますエルビスのツアー情報も掲載!
1973年の映画情報誌
≪スクリーン≫あります。


スティーブ・マックイーンファンの知人から、若き日の想い出の一冊をいただいた。
1973年などつい最近のような気がするのに、中を開くとレトロ特集かと思うような誌面構成。往年の大スターがみんな若い!クリックすると元のサイズで表示します
当時、写真の通りさわやかな好青年(すでに36歳だが)のアンソニー・ホプキンス☞が、この後人肉を食べるレクター博士になろうとは…(実際はベジタリアンだそう)。
クリックすると元のサイズで表示します☜この右側のかわいい女性は、オリビア・ハッセー!!布施明と結婚していたことがいまだに信じられない。とにかくかわい過ぎるっ!
その他、ポール・ニューマン、ロバート・レッドフォード、カトリーヌ・ドヌーブ、エリザベス・テーラー、アラン・ドロンなどスター大集合の盛りだくさん。スティーブ・マックイーンの特集ページも複数ある。

クリックすると元のサイズで表示します☜映画『ベン』('72のネズミが人を襲うパニックもの)の主題歌をマイケル・ジャクソンが歌い大ヒットしたらしい。まだ子供の時で"マイケル坊や"と書かれている。

クリックすると元のサイズで表示します☞一番驚いたのがこれ!エルビス・プレスリーのコンサートツアー情報!もっと大昔の人かと思っていたのに…。
大内順子の≪スクリーンおしゃれ専科≫、水野晴夫の連載対談、小森和子の≪これから楽しみなスターたち≫(全員無名のままだが)、淀川長治の半生記など、さすがに懐かしーとは言えないほどのクラシック情報が満載だ。
ほんとに貴重!なものをありがとうございます。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ