映画レビューは “アトリエミシェルの製作&柴犬ブログ”にて更新中。 http://ameblo.jp/atelier-michelle/

2012/1/29

“読んでから死ぬべき”  

クリックすると元のサイズで表示しますほとんど20年ぶりの再読
宮本輝優駿


元同僚が、いい本を読んだというので「何?」と尋ねたら『優駿('86)』だった。何を今ごろ?でも本をくれるというのでもう一回読んでみることにした。
かつて歌舞伎、落語に導いてくれた先輩がもうひとつ紹介してくれたのが宮本輝の『錦繍』だった。クリックすると元のサイズで表示します
それから、すべての作品を読んできた。
宮本輝の作品は、読むごとにどんどん深みのある話になっていくと、毎回感動以上の驚きを覚えてきたのだが、『優駿』を再度読み始めてみると、それは違った!
宮本輝は最初から今と変わらずスゴかったのだ! 
前にブログで書いた“トム・ハンクスが進化しようもないほどに若い時から名優だった”のと同じだ。
それにしてもこの『優駿』、“読んでから死ぬべき”と評してる人がいるほどの名作である(全作そうなのだが)。競走馬を生産する小さな牧場の父と息子、馬のオーナー父娘、騎手、調教師、父の秘書、競馬記者…登場人物それぞれが主人公となり話が進む。馬や競馬に関する取材力に一番驚く、すべてのセリフがそのものなのだ。1,2行の修飾詞程度のエピソードに至るまで細かい。専門的な内容・会話がまるでドキュメンタリーのようである。今調べてみたら、馬事文化賞というのを受賞していた。
『優駿』は映画化もされたが、内容の濃さからすれば連ドラである。が、馬の演技が必要なのでムリだ。ドラマ化された『青が散る』(石黒賢デビュー作)、映画は『道頓堀川』(松坂慶子・真田広之)『泥の河』『私たちが好きだったこと』(岸谷五郎・夏川結衣)、『夢見通りの人々』…
『火のみち』は大河ドラマとしても成り立ちそうな戦後から現代に至る物語。
とにかくどの本もおススメです!


1
タグ: 宮本輝 競馬



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ