映画レビューは “アトリエミシェルの製作&柴犬ブログ”にて更新中。 http://ameblo.jp/atelier-michelle/

2012/10/25

一度きりの再会なのに  映画

10月でもうちわ!でプロモーション!?
話題の『ツナグ』
クリックすると元のサイズで表示します公開前ぎりぎりに試写会で観た『ツナグ』。すでに初秋という時期だったが、配られたのはオリジナルうちわ
クリックすると元のサイズで表示します





表は「ツナグ」で、裏は「アオグ」

公開され、評判がすこぶるいいのを確認したのでやっと書けるのだが、
連続ドラマだったらよかったのに…というのが個人的判定。
亡くなった人に一生に一度、それもただ一人にしか会えないという貴重なチャンス。それを納得させるだけの再会でなければならない。
現世で、死者と生きている人を引き合わせる使命と能力をもつ“ツナグ”という存在がいること自体作り話なので、あれこれ説明をつける必要もないだろう。すんなりと人々の再会の物語を見せて欲しかった。“ツナグ”の人生がミステリーのように描かれていたのも違和感があった。
亡くなった母親に会いたいというのは王道、役者の力量で何とかなったのでまあいいとして。
女子高生の話は、怖い!泣けるというよりも怖い復讐劇のように感じた。
もしかするとメイン扱いだったのかもしれない最後のラブストーリーが興ざめだった。失踪した恋人のことが忘れられず前に進めない男性の話…個人的な好みかもしれないが女優のビジュアルも演技もイマイチで全く共感できなかった。
思い切り泣く気で行ったのに、心の中で「くだらない、くだらない」と叫び続けて終わってしまった。樹木希林がもったいなかったな〜。

同じように作り話でも、映画館中を引き込んでジ〜ンとさせた映画がある。
安藤政信主演の『サトラレ』。考えていることが周りの人に筒抜けという“サトラレ”として生まれた青年を、政府も周りの人も温かく守っていく話だ。本当に泣く〜
ぜひご鑑賞を。

1

2012/10/23

日米コミック対決!  映画

絶賛された2本
アベンジャーズ VS るろうに剣心

アイアンマンが異常におもしろかったし、評判も上々だったので期待を最大限に膨らませて見に行った『アベンジャーズ』だったが…
全く心が動かなかった。終盤まあまあ盛り上がる程度。おもしろくないー、と心の中でつぶやき続けた。
予告映像でビジュアル的にイマイチかなと思っていたキャプテンアメリカはその通りだったし、前に書いた『幸せへのキセキ』で最高によかったスカーレット・ヨハンソンは、相変わらずガンバればガンバるほどSF的なアクションものには似合わない。残念。
後日テレビで『アイアンマン2』を見て、映画館で訳がわからなかったサミュエル・L・ジャクソンとスカーレット・ヨハンソンの役割がやっと理解できた。
こうなったら『アイアンマン3』に期待するしかない。

タイトルしか知らなかった『るろうに剣心』は友人の高評価に加えて、
連日佐藤健を絶賛する報道、あの香川照之「佐藤健は天才」と言い切っていたのでもう見るしかないっ!と、見に行った。『龍馬伝』での活躍も見てなかったし、アクションにうるさい私は期待を最小限に抑えていざ鑑賞。
これは…カメラワークのうまさなのかっ…確かにスゴかった。天才かどうかまでは言えないが、すごい身体能力だと思った。
話もおもしろいし、江口洋介『GOEMON』以来のカッコよさだった!
またまた後日テレビでメイキング映像を見て、カメラワークではなく本当のスピードと殺陣の見事さを確認した。やっぱり佐藤健は天才かもしれないと思った矢先、週刊文春での情けないスキャンダル発覚。巻き込まれた感じだがまだまだあのアイドルよりも格下の扱いなんだなあ。

それでも文句なく『るろうに剣心』勝ち!

3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ