映画レビューは “アトリエミシェルの製作&柴犬ブログ”にて更新中。 http://ameblo.jp/atelier-michelle/

2012/12/3

パーフェクトな紳士!  映画

クリックすると元のサイズで表示します50周年記念作
007スカイフォール


しょっぱなからダニエル・クレイグ演じるボンドの登場で
そのシルエット、肩のライン、スーツの着こなし…
あまりのかっこよさにしばらく字幕を追うのも忘れてしまった

CМで流れる、後ろがふっ飛んだ電車に滑り込むシーン。
とんでもない戦いの最中だとは思えない
パーフェクトな紳士の立ち姿でスーツの袖口を直す仕草。
ぴたーっとしたトムフォードスーツがステキ過ぎるっ

スパイの命は国の情報よりも軽いという悲しすぎる掟が
冒頭から衝撃的に描かれていた。
映画とわかっているのに思わずああ!」
叫んでしまいそうになり、
危なすぎるスタントにハラハラしまくったところで
いつものクラシック感漂うオープニングロール
ムード歌謡のような主題歌の歌詞に悲しさはさらに大きくなった。

クリックすると元のサイズで表示しますシリーズ最高の面白さと言われているこの作品、
今作はスパイ活動というよりMI6での揉め事を描いている。
Мを演じるジュディ・デンチの回といったところ。
悪役のハビエル・バルデムの顔の大きさだけでもインパクトがあるのに、
その上に隠し玉を持っていて、あのシーンは見逃せない!
さらにはボンドの生家や生い立ちに至り、
現代におけるスパイの存在危機までが描かれる
ジェームズ・ボンド総決算というところだ。
もちろん←あの車も登場
それにしてもダニエル・クレイグのアクション!
普通の俳優なのに動きが切れすぎていて、カンフーやダンスをやらせたら相当なものになるのではないかと思う。
アクションシーンの設定、ひとつひとつの動き、よくあれだけ面白いことを考えられるなあと、
ストーリーに入り込んで鑑賞しつつも全シーンのアイデアに感心させられた。
これは見るしかないでしょう!!

深夜ショーンコネリー『ネバーセイ・ネバーアゲイン』(゚83)を観た。
ボンドガールがキム・ベイシンガー
やっぱり体型も動きも昔の映画だ、全く違う、違い過ぎる。
ヘルメットをかぶりバイクに乗る姿に思い切り無理があった。
さすがにダンスはさまになっていたが…。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ