映画レビューは “アトリエミシェルの製作&柴犬ブログ”にて更新中。 http://ameblo.jp/atelier-michelle/

2012/12/11

終戦の功労者  映画

強制収容所にまたひとつの実話
ヒトラーの贋札('07)


1936年、戦時下のドイツは資金難だったらしい。
ベルンハルト作戦という贋札(にせさつ)作りのため
逮捕されたプロの贋作師ユダヤ人のサリー
強制収容所に送られる。
技術者である何人かが集められ洋服を与えられる、
もちろん収容されている人から奪い取ったものである。
収容された棟にはすでに働いている人たちがたくさんいた。
清潔なベッドがあり、シャワーも使える。
観たいと思う人はこの先は鑑賞後に。
特に秘密はないので読んで見ても観ごたえはあると思います。


サリーはまずイギリスのポンド紙幣を完成させ、
厳しい審査もパスする。
こういう場ではあっても、プロの贋作師としての
プライドがサリーに完璧な仕事をさせるのだろう。
印刷技師ブルガーは最初に上着を与えられた時に
縫い付けられていた同胞のネームタグを見て受け取らず、
ユダヤ人としてのプライドを持ち続けていた。

造ったポンド札は
総額1億3200万(英国の外貨基準額の4倍相当)になるとか。
次に米ドルの紙幣作りを急がせるドイツ将校の思惑に
ブルガーは、何だかんだと言い訳しながら
サボタージュすることで対抗する。
完成しないことにしびれを切らした将校は
4週間で完成しない時は5人を処刑すると脅しをかけてきた。
もうギリギリになって、焦るサリーだったが
仲間の密告を阻止し、一人作業に励んで
ギリギリで完成させた。処刑はまぬがれたのである。
若い仲間が結核になった時もひたすら隠して守ろうとしたり、
犯罪者であるはずのサリーのヒーローぶりは
映画のための創作かと思うが、
この作品は、印刷技師ブルガーの著書が原作となっている。
さっそく読まねば!と図書館で取り置きしてもらっている

ドル札が完成してすぐ、ドイツ将校たちはあわてて
印刷機械などを移送し始めた。
連合軍が迫っていたのだ。迎えたのは敗戦。
紙幣作りを遅らせたおかげで戦争が終焉を迎えたということ。

あっさりと置き去りにされたサリーたちが収容棟を出ると
そこには痩せこけて真っ黒に汚れた同胞たちの姿があった。
常に塀のすぐ外で銃殺される音を恐怖に震えながら聞いていたものの
外の現実を見たのは何年ぶりだったのか。
同じ収容所内でも、技術を持つものとそうでないものの
暮らしは天国と地獄だったのだ。
言葉では豚のように扱われていたが、
待遇だけは収容所としては夢のような場所だった。

どの映画を見ても収容所での銃殺シーンは
まったくためらいがない。
戦場とはまた違った“差別による安心”
いじめの構造とたぶん全く同じなんだろう。
ヒトラーみたいな奴さえ現れなければ
概ね人は善人だと信じたい。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ