映画レビューは “アトリエミシェルの製作&柴犬ブログ”にて更新中。 http://ameblo.jp/atelier-michelle/

2011/1/10

季節の行事。  日記

「まだ間に合います」という売り文句に
七草買ってお粥で無病息災を祈る。

クリックすると元のサイズで表示します『松の内』の最終日7日の帰りにスーパーで七草パックを買った。そう言えば毎年≪七草粥≫を炊いていた。「まだ間に合います」というコピーは意外に効果的だ。「いつでもいいのか」、と思わせてくれた。
このミニパックは八百屋さんでも売っている便利なもの。せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ、春の七草。できれば自分で山に七種類の若菜を摘みに行くなどという風流な暮らしをしてみたいものだ。
元々は中国の風習で、7種類の若菜を入れた汁ものを食べて立身出世を願ったらしい。日本に伝来して、自然界から新しい生命力をいただく『若菜摘み』という日本古来の風習と結びついて、平安時代の宮中行事として「七草粥」を食べるようになったとか。クリックすると元のサイズで表示しますさらに、江戸時代に『人日の節句』(七草の節句)として定着していった…。
結局、買ったのはまだ間に合う日だったものの、作ったのは昨日9日の夜遅く。
土鍋で炊くとごはんもお粥も格別の味!
根っこのついたものはそのまま刻んで入れてみた。
クリックすると元のサイズで表示しますまさか毒性のある根をそのまま売ることもないと思うので、チャレンジ! 焼いたお餅ものせてボリューム満点の七草粥が完成!
来年、お客さんの健康を祈ってメニューとして出してみたい気もする。
店主は子供のころから病気知らずで、できる自慢は小中高と12年間無遅刻無欠席くらい。小児科の甘そうな色の飲み薬を持つ病弱な子がうらやましかった。今では親に大感謝である。

5



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ