映画レビューは “アトリエミシェルの製作&柴犬ブログ”にて更新中。 http://ameblo.jp/atelier-michelle/

2012/1/29

“読んでから死ぬべき”  

クリックすると元のサイズで表示しますほとんど20年ぶりの再読
宮本輝優駿


元同僚が、いい本を読んだというので「何?」と尋ねたら『優駿('86)』だった。何を今ごろ?でも本をくれるというのでもう一回読んでみることにした。
かつて歌舞伎、落語に導いてくれた先輩がもうひとつ紹介してくれたのが宮本輝の『錦繍』だった。クリックすると元のサイズで表示します
それから、すべての作品を読んできた。
宮本輝の作品は、読むごとにどんどん深みのある話になっていくと、毎回感動以上の驚きを覚えてきたのだが、『優駿』を再度読み始めてみると、それは違った!
宮本輝は最初から今と変わらずスゴかったのだ! 
前にブログで書いた“トム・ハンクスが進化しようもないほどに若い時から名優だった”のと同じだ。
それにしてもこの『優駿』、“読んでから死ぬべき”と評してる人がいるほどの名作である(全作そうなのだが)。競走馬を生産する小さな牧場の父と息子、馬のオーナー父娘、騎手、調教師、父の秘書、競馬記者…登場人物それぞれが主人公となり話が進む。馬や競馬に関する取材力に一番驚く、すべてのセリフがそのものなのだ。1,2行の修飾詞程度のエピソードに至るまで細かい。専門的な内容・会話がまるでドキュメンタリーのようである。今調べてみたら、馬事文化賞というのを受賞していた。
『優駿』は映画化もされたが、内容の濃さからすれば連ドラである。が、馬の演技が必要なのでムリだ。ドラマ化された『青が散る』(石黒賢デビュー作)、映画は『道頓堀川』(松坂慶子・真田広之)『泥の河』『私たちが好きだったこと』(岸谷五郎・夏川結衣)、『夢見通りの人々』…
『火のみち』は大河ドラマとしても成り立ちそうな戦後から現代に至る物語。
とにかくどの本もおススメです!


1
タグ: 宮本輝 競馬

2011/2/11

貞子よりも怖い。  

今頃ですが『黒い家』読みました。

貴志祐介が新人の時に書いた小説『黒い家』。第4回日本ホラー小説大賞を受賞している。
内野聖陽&大竹しのぶで映画化もされた非常に怖い話だと知っていたけど、ここまで怖いとは…。
ゾンビ、オカルト、スプラッタームービーも大好きな店主が今まで見たどの映画よりも怖かった、活字なのにっ!電車の中で読んでいて、顔が引きつってしまったほどだ。
生命保険会社の死亡保険金支払いの査定担当者が主人公である。顧客からのクレーム対応のために訪問した“黒い家”で、いきなり何かの第一発見者となる。
この衝撃を体験してほしいので、あえて書かない。できれば読んでいただきたい。この部分だけでも立ち読みしてほしいくらいの冒頭の衝撃。
もうそれ以上の展開はないかと思って読み進めていくと、さらにさらに戦慄の体験をすることになる。映像が浮かんでくる想像力の高い人ほど恐怖が倍増するだろう。
とても映像化できないんじゃないかと思える残虐な場面が終盤にもどんどん出てくる。
映画評では、“コメディだ”と書かれている。森田芳光監督作なので、イライラする演出だというのも理解できる。役者がぼそぼそしゃべりでよく聞こえないという意見も多数(常々感じるが日本映画の多くが、セリフが聞こえなくて本当に許せない。滑舌のいい声優で吹き替えてほしいくらいだ)。
見たいような見たくないような。韓国版が原作に近く、思い切り怖いようなので先にこっちを見てみようかな。

4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ