映画レビューは “アトリエミシェルの製作&柴犬ブログ”にて更新中。 http://ameblo.jp/atelier-michelle/

2011/12/28

10月期ドラマ終了。  ドラマ

終わってみれば…
最終回で一番おもしろかったドラマは


『家政婦のミタ』、ついに笑ったミタさん!続編も映画化もなし、というならあのクリスマスの席で笑いを取り戻したまま終わって欲しかった。翌日も笑顔で働くミタさんで。延長10分が余計だった。それにしても瞬間視聴率42%越えはスゴイ!
『蜜の味』、あんなにおもしろい始まり方だったのに…。まわりでは主演の二人が不評で、あのドロ沼ストーリーには全くそぐわない男女を店主も応援する気がおきず、話もない方にない方に向かっていき、最後には戦場ぉっ!? …残念なので、別の役者で作り直したものが見たい気がする。
『妖怪人間ベム』、どうやって生まれたのかは…どう考えてもあり得ない話なのでうやむやにしといて欲しかった。最後に大勢の人を救うため、衆目の下で変身してしまい驚かせるのだが、変身も毎回見ていると飽きてしまうもので…。アニメでは燃える洋館から脱出することなく終わったので、ドラマもそこを活かしたみたいだ。ムリな設定でなく、現代の人間社会に入り込んで普通に暮らしている妖怪人間にしておけば、もっとおもしろかったかも。映画『ハイランダー』みたいに。
結局最後までおもしろかったのは
『ドクターズ最強の名医』!! 最後の回まで一体どうなるのかっとハラハラさせる展開で、2回に分けてもいいくらい充実していた! 沢村一樹演じる無名だが最高の腕をもつドクターが、いかにして患者のことを考えない病院&医者たちを改革していくのか。よくある正義感とさわやかさだけの主人公が苦境に立たされるとかいうことは一切なし! “最強”の意味が鍵。人間ああはできないよなぁ、という戦い方です!
そして、もう一本!ダークホースがっ!
『専業主婦探偵 私はシャドウ』!! 家事は完璧、でも主婦以外できない夫命の主婦(深田恭子)がパートで探偵を始める、と聞くとしょーもなさそうな話だが、桐谷健太(『タイガー&ドラゴン』のちびT役のときから好き)見たさにチェックしていたら、企業の身売りやそれに巻き込まれる夫と父の問題など、話はどんどん深いところへ。桐谷演じる探偵・陣内が最初はバカにしていた深田に惹かれていき、終盤はその切なさに泣かされた〜。最終回の陣内ファンへのはからいのような終わり方は最高!ありがとー!
『セカンドバージン』の時の主婦役といい、今回のかわい過ぎる主婦役といい、本当にスゴイ女優です深田恭子!
元日はいつもの『相棒〜元旦スペシャル』で!
1

2011/12/2

泣いた〜!  ドラマ

視聴率30%に迫る!
ミタさんの過去に涙、
続いて長泉庄彌に腹筋痛、
男子バレー37−39に大興奮!


ここのところテレビがおもしろ過ぎる!
先日の『家政婦のミタ』、ついにミタさんが過去を一気に語った。それを聞いた家族と同様に視聴者も絶句したのではないだろうか。
泣きました〜あぁあ〜
視聴率はぐんぐんと上昇ついに今季最高の29.6%をマークした!
こんなおもしろいドラマ、てっきり原作はマンガだと思っていたのだが何とオリジナルドラマだった。
阿部寛の『結婚できない男』以来の大衝撃ドラマではないだろうか(『結婚でき〜』の方は毎回大爆笑ものですが)。

そんな驚きの後、深夜にたまたま見てしまった『パワー☆プリン』というお笑い番組で久々にお腹が痛くなるほど笑ってしまった。
長泉庄彌という、狂言師をパロったキャラがトレンディドラマに出演するという設定。そしてあの母が相手役の女優を押しのけ、共演することになるのだが、二人共そっくりな上に狂言まがいのセリフ回しと動きが完璧。これは次回も必見です!

先日の男子バレーワールドカップ、対アメリカ戦ほど力が入った試合は久しぶりだった。
とてもかなうはずのないアメリカに第1セットで接戦を繰り広げ、ラリーの応酬でお互いにセットポイントを奪うもジュースを繰り返し、37−39で惜しくも敗れた。
男子バレーでラリーが続くなどというテクニックプレーが見られるようになったことが感動だ。恐ろしいほどの弾丸アタックをちゃんとレシーブするなんておよそムリと思われていたが、女子に負けじといくらでも拾うようになった。2,3セットは完敗に終わったが、奇跡でなく、実力で勝つ日も遠くないような気がする。今日対戦のロシアには217pの巨人がいる。その人にはネットなど関係ない感じだ。どうなるんだろう。ガンバレ米山!
2

2011/11/20

予言通り、  ドラマ

本当に抜いてしまった。
『DOCTORS最強の名医』が『南極大陸』を。
視聴率15.713.2に。

昨日泣くはずだった『妖怪人間ベム』で
ベロの人間頭突きロケット攻撃には爆笑っ!
一気に感動が吹っ飛んでしまった。
これから一体どうなるのか、
アニメのような最後にするしかないのか…。

余談ですが
ブータンの民族衣装、チェック遣い、色遣いがおしゃれー。
国王を最初に見た時は
イノキのまねをしてる人かと思った。
0

2011/11/11

あのアニメを実写でって・・・  ドラマ

クリックすると元のサイズで表示しますミタに、ベムに涙…
今季ドラマは意外と感動作多し


「まさかこんな日が来るとは思わなかった…」と、地元の友だちからメールが。『妖怪人間ベム』は店主が子供のころ大好きだったアニメだ。主題歌の前のナレーションも完璧に覚えていていた。アニメのベム小林清志(次元大介などの声優)の声がうれしい!
放送第1回はやはり設定のムリが見えてがっかりだったが、2回目の放送では妖怪人間よりもずっと怖い風間俊介の切れた演技のおかげで、立派な犯罪ドラマになっていた。そして徐々に亀梨ベムがかっこよく見えてきた。平田満までゲスト出演した回はもう涙、涙。
杏の完璧なベラぶりも楽しみになってきた、ふっ切ってるなー。怪優である北村一輝が普通な人を演じているのが新鮮。
視聴者の見る目もなぜだか非常にあたたかい。視聴率が驚きの18.9で始まりまだ15%を超えている。「せつない」と高評価。まさか、そんなドラマになるとは夢にも…。

おとといの『家政婦のミタ』も泣いたー。斉藤和義の歌う主題歌『やさしくなりたい』がズルいくらいにドラマを盛り上げている。
家事だけでなく、何でも完璧にできる家政婦ミタ。雇い主の命令なら人さえ殺すというサイボーグのような人間なのだが、ドラマが進むうちに、ミタさんよりも妻を自殺に追い込んだ、雇い主である4人の子をもつ37歳の父親の方がひどいキャラクターであることに、店主のまわりでは話題が集中。5回目の放送で視聴率が驚異の22.5%
数字が表わす通り、目が離せないドラマだ!

今季はいろいろな意味でコワいドラマぞろいだが、
『蜜の味』は菅野美穂が怖い!叔父にあたるARATAを子供のころから慕う榮倉奈々が、医師であるARATAを追って医大生として上京するところから始まる。最初はストーカー的な榮倉の物語かと思いきや、ARATAの恋人である優秀な女医・菅野がなぜか取るに足らない田舎娘に嫉妬して興味のなかった結婚を急ぎ、徐々に異常ぶりを発揮する。かと思えば、夫となったARATAをほとんど無視、家事は家政婦任せ、研究に没頭し、結局ARATAは離婚届を渡して、ピッツバーグ大に留学…8年後の現代に至るというのが昨日の放送。いやー、榮倉のカツラが気になってしょうがなかったが、やっと一人前の医者になりショートカットになったのでホッとした。ARATAの方は帰国した姿がベリーショートの七三分けで、一気にNHKドラマの時の闇の悪人に戻っていた。こちらも目が離せないっ!

『DOCTORS 最強の名医』、沢村一樹演じる天才ドクターが強い強い、敵だらけなのに全く動じないのが爽快!あのポジティブさ、見習わないと!視聴率もいいし、下降を続ける『南極大陸』を抜くかも!南極は一回目で脱落〜。
『相棒』は言うまでもなく必見!初回の2時間SPで驚きの冤罪話に始まり、毎回犯罪にまつわる現実を見せつけられる。衰えないな〜、たまきさんはいなくなったけど。

どのドラマも最終回までトーンダウンしないことを祈る!

1

2011/9/13

クライマックス迫る。  ドラマ

イライラからじわじわと…
放送が待ち遠しくなった『それでも生きていく』

殺人事件の被害者家族と加害者家族の関わりで物語が進んでいく。
そのテーマだけでなく、見どころは演技派俳優たちの激しいぶつかり合い。小学生の妹を中学校の同級生に殺され、身なりも気にせず15年の歳月を送ってきた被害者の兄を瑛太、犯人を風間俊介、被害者の母親・大竹しのぶ、父親・柄本明、ヒロインは加害者の妹で満島ひかり。恐ろしいほどの演技が、文字通りの格闘シーンが、これでもかと繰り広げられる。
毎回、放送中に友人とメールで感想を送り合わずにいられないドキドキの展開なのだ。全く読めない。最終回は一体、誰がどうなるのか…。

映画ばりにおもしろい『ジウ』
原作は完璧なのかも。

おもしろいと言っても突っ込みどころ満載である。
刑事が不注意過ぎて、メタメタにやられ放題。殺されてもおかしくない状況でナイフでざっくり切られたハズの女巡査・多部未華子は、事件後ピンピンしていておでこの負傷程度。
そんな中で最強のヒロインが黒木メイサで、SATに引き抜かれ、男性隊員を尻目に一人で凶悪犯たちを格闘で倒していく。店主あこがれの志保美悦子ほどのキレはないが、久々にアクションの似合う女優だ!
城田優演じる、黒木よりも強いSAT隊員の最期は、近頃の韓国の犯罪映画のようだった。ハトを飛ばせばジョン・ウー監督の映画みたいな感じだったかも。いやー、見ごたえ十分! 
さらにレディーガガが歌う主題歌とは何とも贅沢! ナイトドラマなのに『イケパラ2』よりも視聴率は断然高い。このドラマの出演者たちには『SP』の岡田准一のように専門的に訓練を積んでおいて欲しかったー、残念だ。
残るは黒木と無敵のジウの対決だ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ