2010/2/24  2:28

第5回抗がん剤投与無事終了注射すこぶる元気です↑  抗ガン剤

23日火曜日は定例抗ガン剤デーでした。
仕事が終わって、
デカ姉ちゃんの塾の時間に間に合うように食事の用意して、
猛ダッシュで病院へGO

待合室でのシャールイヌ

クリックすると元のサイズで表示します

笑顔に見えるでしょ?
でも、実は緊張し過ぎてあくびしまくりの変顔なんです...。

クリックすると元のサイズで表示します

何回来ても病院は慣れません汗
2回目の抗ガン剤の時なんか、待合室でおそそうしちゃいました

クリックすると元のサイズで表示します

『えへっバラされちゃった』

今回体重は鰻登りの9.3s↑
発病前の体重を超えちゃいました
先生からは、増量ストップかからなかったので
もう少し体重増えても良さそうです。
触ってみると・・・かなり胴回り丸丸しちゃいました

触診は、良好。
今回も腫れも全く見られないって言われました

「(副作用から起こる)水を飲む量減ったでしょ?」と先生。
「減りました。・・・薬変わったんですか?」とうららか。
「少しずつ混ぜる割合を変えてるからね」と先生。

確かに最近水を飲む回数が減っていたのだけど
おしっこ量は相変わらず多量↑なので
なにかが変わったなんてあまり思っていなかった
特に説明はなかったのですが、徐々に薬の内容(成分割合)が
変わっていたようです。
(薬の量とか見た目全く変わらないので、気がつかなかった
まぁ、これでおしっこ量が多いのは水分を食事から
かなり接種していると言うことが裏付けられたかな






不意に先生がうららかの顔を見て

「まだ、大丈夫だよ。」

とポツンと一言。




まだ・・・・・まだっ・・・て、どういう意味






完治しない病気であるのはきちんと説明されているので
こちらもわかっているし、今の状態が限りあることは分かっている。
でも、「まだ」という言葉が妙に引っかかりました。


何気ない先生の励ましだったのだろうけど
(もしくは元気になってるけど一時的なものだから
「ちゃんと心の準備はしておいてね」言う念押しだったのかも)



ちょっとした言葉の文なのだろうけど
『まだまだ』ならともかく
『まだ』と言う
ほんのちょっとした意味合いが
当事者にとってはこんなに心に深く刺さるものなんですね・・・
言葉って難しいし怖い、、、
ちょっと見当外れかもしれませんが
強く思ってしまいました



気がつけば、
8週連続接種の抗ガン剤も折り返しを過ぎて5回目が終了。
あと3週打ったらそこから先は隔週で投与と言うことになります。
隔週が数回続いたら、次は1ヶ月に1回を数回。
そして終了(再燃したら再開)。
抗ガン剤投与が休止にはいると
時間を空けずに再燃する子が多いと聞くので
ふと、待合室でお会計を待ちながら
抗ガン剤が終わらなければいいのに・・・
と思いました。



抗ガン剤の回数が進む=死が忍び寄ってくる



・・・かなりマイナス思考ですね・・・



いかんいかん・・・
ついつい、暗い気持ちになりかけましたタコ
家族がウジウジしていると
シャールってば覿面に元気をなくすので
まずは空元気でも元気にならなくちゃっ!!
単純なので、そのうち本当に元気になっちゃうんです(笑)

さて、気分を変えて、明日は神頼みもありかと
ペットお守りを扱っているという
西野神社にシャールをつれて参拝してきます



<覚え書き>

2月16日(太平動物病院)

再診料      525円
血液検査    1050円
抗ガン剤注射  7350円
内服薬@    2205円
内服薬A

合計     12705円       



2月23日(太平動物病院)

再診料      525円
血液検査    1050円
抗ガン剤注射  7350円
内服薬@    2205円
内服薬A

合計     12705円       現在治療費累計  89355円
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ