2010/10/21  13:05

ペット 葬儀(費用など)  番外編

この話題も書いて良い物かどうか迷いました。

これから闘病という方が目にしたら
気分の良い物ではないと思うので・・・

興味のある方のみ、”続き”からどうぞ


シャールの葬儀は、亡くなった当日中に行いました。
頼んだら遺体を取りに来ていただけるようでしたが
家族で現地までシャールを送り届けたかったので
自宅の車で現地まで、みんなでシャールといろんなお話をしながら
ゆっくり時間をかけて向かいました。


ちなみに、平日だったのですが子供達は学校を休みました。
このような理由で休ませるのはどうかな・・・とも考えましたが
シャールはみんなにとって大切な掛け替えのない家族。
ちゃんと自分の目で見て、感じて、送り届ける方が
子供達の気持ちにも区切りが付くのではないかと思い
思い切ってお休みさせました。
(パパだけは仕事が休めなかったので出勤していました)
二人とも、翌日先生に休んだ理由をちゃんと報告したようです。
理解のある先生方で「辛かったね。偉かったね。」と認めてくれたそうです。






病気になってから、遠からずこの日が来るとわかっていたので
亡くなってから慌てて後悔するようなことはしたくないと思い
前々から、葬儀屋さんを色々チェックしていました。


・立ち会い葬儀&火葬してくれるところ
・いつでもお参りできるところ
・家から近いところ

というのが、私のこだわったところでした。



シャールは「ペットメモリアルパーク 天使の里」
という施設で火葬していただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

http://www.tenshi-sato.com/


事前に一度お電話していろいろ聞いたことがありました。
(シャールの元気な頃)
親切で丁寧な感じで、お世話になるならここにしようと
その時、決めました。

葬儀屋さんによってお値段は様々なようですが
3万円前後というところが多いようです。

シャールの場合、以下の金額がかかりました。


立ち会い葬儀代 27300円
仏具等      8170円
お位牌      1300円


立ち会い葬は、ちゃんと家族立ち会いのもと
最後のお別れの儀式をしていただきました。
(お経を流すところが多いと思いますが
こちらはお経ではなく、朗読のテープでした)
最後のお別れにみんなでお花を手向けて
最後にみんなでいっぱい撫でてあげて・・・
とても心のこもった最後のお別れの時を送れた思います。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

シャール 祭壇

クリックすると元のサイズで表示します

シャール 最後のお別れの前に


火葬が終わった後、みんなでシャールのお骨を拾って
骨壺に入れました。
昨年主人の父を闘病の末看取りお骨を拾ったのですが
その時と全く同じ方法でお骨を拾わせていただき
シャールも家族の一員なんだと改めて感じることが出来ました。


仏具などは特にそろえなくても良い物だとは思うのですが
49日までは自宅で供養(今は100日まで家で供養しようと思っています)
その後は、納骨堂で供養しようと思っていたので
仏具も思い切って買いそろえました。
(仏具代には、家族それぞれがシャールの骨を入れて持ち歩いている
ペンダント代も含まれてるので、純粋な仏具代は5000円弱でした)


その他、年に1度合同慰霊祭があり
こちらが毎年5000円になるようです。
今年の合同慰霊祭は9月12日にあり
シャールも参加してきました。

クリックすると元のサイズで表示します

1日3回に分けての合同慰霊祭で
我が家は2回目の回に参加したのですが
とてもたくさんの飼い主さんが来ていらっしゃいました。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ