2010/10/21  13:48

ペット 医療費の貯蓄&保険  医療費

シャールが病気になって亡くなって色々考えたことの一つに
「ペット保険」の加入の有無の事がありました。

シャールはペットショップで購入したとき
自動的に「ペット保険」なるものに加入して
我が家にやってきました。

シャールは子犬の時からとても丈夫な子で
ほとんど保険を使わずに大きくなりました。
2年目の更新時、解約し忘れて2年間保険に加入したのですが
ちょうど1歳になってすぐの頃、原因不明の高熱が出て下がらず
暫く病院通いすることになり、
その時は本当に保険のありがたみを感じました。
(半額還付されるタイプの保険でした)

結局、その後全く病院にかかることもなく次回更新月が近づき
2年間にシャールにかかった医療費と保険代を比較した結果
解約してその分を積み立てて医療費に回すことにしました。


計算では、シャールがよく病気をするようになる年齢には
数十万貯蓄している計算だったのですが・・・。

なかなか世の中は計画的にはいかないもので・・・
シャールの抗ガン剤治療にはスズメの涙程度しか
貯まっていませんでした

今は数年前より更にいろいろなタイプのペット保険が出ているようです。
掛け金も、案外安かったりするものもあるようです。
一カ月に通院する回数や金額に上限があったりするので
全ての通院に適用されるわけではないと思うのですが
シャールのような悪性リンパ腫などの癌にも
ちゃんと適用されるようで、だいたい半額前後戻ってくるようです。
もし、あのままペット保険に入っていたら
最新の治療も受けさせてあげられたかなぁ・・・
そうしたら、もう少し長く一緒に居られたかなぁ・・・・
ふと、頭のなかにそう言う思いがこみ上げてきます。
今更そう考えても仕方のないことなんですけどね

備えあれば憂いなし。
もし次新しい家族を迎えるならば
転ばぬ先の杖として、ペット保険は必ず加入しようと
思ったりしています。
3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ