2010/10/30  1:57

抗ガン剤で副作用が起こるわけ  抗ガン剤

とっても今更な話題なのですが・・・。
日記を整理しながら

「どうして抗ガン剤で副作用が起こるんだろう」

と、ふと思い至りました。
幸いシャールは副作用をほとんど経験しなかったので
ラッキーだったのですが・・・。

なんとなく分かるし、先生にも説明を受けたんだけど
ちゃんと言葉で説明できないなぁ・・・



気になることは調べる
そう思って、ネットで調べてみました。



***************************


抗がん剤は元々毒物なので副作用があって当たり前です。

がん細胞は正常な細胞に比べて、
無秩序に早い細胞分裂をするという特徴を持っています。
抗がん剤は血液の流れに乗って全身の細胞に運ばれ
この特徴を持つ細胞をターゲットにして作用します。
この時がん細胞だけでなく正常細胞のうちでも細胞分裂の早い細胞
(血液を作り出す骨髄細胞、毛母細胞、爪や皮膚の細胞、胃腸の粘膜など)
にも影響を与えてしまいます。
分裂増殖をする為の材料を取り込めなくしたり、
DNAに障害を与えたりするのです。
その結果がん細胞にダメージを与えると同時に、
白血球減少、脱毛、吐き気などの副作用を起こしてしまいます。
しかし頼もしい事に、正常細胞はがん細胞より抗がん剤に対する耐性が強いため
3週間ほどで回復します。
そのタイミングを逃さず、がん細胞が回復する前に次の抗がん剤を投与します。
それを繰り返してがん細胞だけを叩いていくようにするのです。


***************************



なるほど、納得。。。



医療が発達して
ガン細胞にのみダメージを与えることの出来る治療法が
遠くない未来に出来る事を祈ってやみません。

0

2010/8/30  21:45

新抗ガン剤投与  抗ガン剤

本日、予定を2日前倒しして
病院に行ってきました。



『だいぶ下半身が腫れてきているね』

触診をする先生の顔が険しい・・・。

触診をして貰いながら

・患部が破裂したり傷になった場合どうすればいいのか
 (→むやみに消毒して触りまくるより、抗生物質を飲ませる)
・下半身の腫れは腹水の可能性はないのか

を質問しました。

腹水に関しては、触診だけではわからないということで
(触診した感じでは、お腹の中ではなく表面(=リンパ節)のみ
 腫れている感じがするとのこと)
詳しい血液検査とレントゲンを撮っていただきました。



血液検査に関しては

・若干だけど、貧血が見られる抗ガン剤副作用(骨髄抑制のため)

・肝臓値が高いステロイドの副作用 → 投与中止

  GPT(ALT) 18-54  のところ 200台前半
  ALP   104-239  のところ 2200台 

・カルシウム値も若干高い

  原因は聞かなかったのですが、この数値が上がると
  嘔吐が出たり、倦怠感が強くなったりするらしい。
  (心臓に影響があるとの記事も発見)


レントゲンの所見からは

・心配していた腹水は大丈夫そう

・後ろ足リンパの腫れがやはり酷い

・骨盤下のリンパも腫れだしている

・確定ではないが、肝臓にも(病巣が)飛んでいるかもしれない

・肺の状態は良好

というお話を頂きました。



前回まで投与していただいていたドキソルビシンは
既に耐性が出来てしまった可能性が高いと言うことで
今回はレスキュー用の抗ガン剤「エル・アスパラギナーゼ」
と言う抗ガン剤を注射で背中に投与することになりました。


※エル-アスパラギナーゼ(商品名:ロイナーゼ)

投与経路:皮下注射   
投与間隔:7日以内
作用・適応:リンパ細網系腫瘍に効果。
      癌細胞に必要な栄養の生成過程の一部を止めることにより、
      癌細胞の枯渇させると言われている(蛋白合成抑制)
      正常細胞はこの栄養素を必要としないため致命的な副作用が少ない。
      4〜5回の投与で耐性ができるため多用せず、
      他の抗癌剤の投与が困難なときのためのレスキュー用とするのが一般的。
副作用:アレルギー反応、白血球減少症、播種性血管内凝固症候群、膵炎



レスキュー用の抗ガン剤を投与と言うことは
もう残っている打てる手が限られている・・・
と言うことだと思います。

こ抗ガン剤の効果が出て下半身の腫れが良くなると良いのですが・・・


クリックすると元のサイズで表示します


8月28日のボク


9月7日まであと8日
病気になんか負けずに、4歳を迎えよう^▽^^▽^^▽^
0

2010/6/12  0:43

新抗ガン剤投与  抗ガン剤

昨日10日、無事アドリアシン投与してきました。
白血球の値がぐんと上がり(2万台・・・かなり高い)
「貧血も無し・肝数値もよし」ということで
投与をしていただきました。

まず、前足の毛を刈り
そこへ点滴を注射
全部点滴を終えるまでに30分ちょっとかかりました。

漏れては大変なので、ずっと付きっきりで
(ほぼ抱えている状態)
「大丈夫だよ〜」とか「帰ったらおやつ食べようね〜」とか
ずっと話していました。
30分暴れず頑張ってくれたました
シャール、頑張ったね

その後、心配していた副作用もなく
翌日11日に顎下を触ってみたら
腫れがずいぶん小さくなっていました。
息もし易くなったみたいだし
飲み込むのも楽になったようなので
一安心です。

この状態が長く続きますように。


次回投与は3週間後の7月1日です。
その間に毎週血液検査には行くのですが。
次回の投与は先生のご厚意で
「お昼休み」にしていただくことになりました。

理由は
@他のわんちゃんが隣室に出入りすると緊張する
A主治医の姿を見ると緊張して立ち上がる

・・・ほんと、なさけない理由だぁ〜

お昼休みだったら、他の患者さんもこないし
先生もあまり出入りされないので
待合室でゆっくりテレビでも見ながら
点滴出来るから、という先生のご厚意です。
ありがたや〜
0

2010/6/7  22:31

抗ガン剤延期  抗ガン剤

シャールのリンパの腫れですが
日に日に大きく、硬くなってきています。
その他の変化は、息が荒い・おしっこの回数が増えた。
顎下のリンパの腫れが大きくなって
食べ物を飲み込むときにつっかえるらしく
大きいままで飲み込もうとすると
ゲツゲツして辛そうです・・・
でも、幸い食欲は全く変わらず、むしろ旺盛↑
そして、若干身体はだるそうですが元気にしています

7日月曜日は新しい抗ガン剤を打つ予定の日でした。
が・・・血液検査の結果、白血球がいつも8000のところ
5500まで減少していたらしく

『今まで検査してきて減少したのは初めてなので
少々様子見て延期をした方が良いと思います。
本来は4000以上あったら打てるんだけど
数値がもう少し通常のシャール君の数値に戻ってからの方が
身体に負担が少ないから良いと思う。
3日後の木曜日、再検査して数値が戻っていたら
新しい抗ガン剤を打ちましょう』

という事になりました。


犬の白血球は参考正常値で5500〜19500だそうです。
いちおうギリギリ正常値ではあるのですが
急激な減少なので、要観察と言うことなったのだと思います。

『犬猫の血液検査正常値』

白血球の減少で考えられることは・・・
ウイルス感染・再生不良性貧血・細菌性の炎症・白血病・敗血症・・・
などがあるようです。

シャールの場合、今隔日で服用している薬が
骨髄を抑制する場合があるそうなので
それが原因ではないか・・・という事でした。
一旦服用を辞めて、3日後に臨みます。


ちなみに、シャールが受ける予定の新しい抗ガン剤は
アドリアシン(=ドキソルビシン)点滴というものです。

人間のリンパ゚腫治療にもよく使われる薬のようですが
使用する上で注意点がいくつかあるそうです。

@点滴液が血管の外に漏れると、液に触れた組織が壊死する
A心臓に対する毒性があるため、総使用量に制限あり
B犬の場合、ゲリをすることがある。
(また薬が排泄されるため排泄物処理時に直接触れるのは厳禁)

とても強い薬なので、3週間に1度投与
という事になるそうです。
よく効く変わりに、副作用も強く出る可能性が
あるんですね。

主治医曰く「副作用で苦しめたり弱ったりしては意味がない」

それは、本当に私もその通りだと思います。
よくするための薬で弱ってしまったら意味がないもんなぁ・・・
どうか、副作用が強く出ませんように・・・



今日は、抗ガン剤は打てなかったので
ステロイドだけ注射して貰って帰ってきました。
心なしか、夕方時点ではほんの少しですが
腫れが治まっている感じがしました。



予定より早く病院から帰ることになったので
寄り道して、また百合が原公園を散歩してきました。
シャールは百合が原公園が大好きらしく
今朝、家の近くを散歩したときはあまり乗り気ではなくて
10分で家に帰ってきて心配させたのに
百合が原公園では30分以上張り切って散歩してくれました
夜パパチンにその事を話したら
「じゃぁまた今度みんなで百合が原に散歩に行くか〜」
とシャールに話しかけていました。
シャールが病気になってから、
すっかりシャールに優しくなったパパチンです(笑)

本日の百合が原の写真をハリハリしたかったのですが
またまたデジカメの電池切れという事態になってしまい
(私ってばいつも大事なときに電池切れを起こす・・・↓
一昨日、デカ姉が取りまくった写真で〜す

クリックすると元のサイズで表示します

『おねーちゃんにおやつ貰ったよ(ペロッ)

クリックすると元のサイズで表示します

『おやつ・・・ジーッ

クリックすると元のサイズで表示します

『お〜や〜つ〜・・・ってか・・・お姉ちゃん・・・サダコ
3

2010/6/4  23:56

腫れが大きくなってますが・・・  抗ガン剤

シャールの再発発見から10日経ちました。
先週ステロイドを打っていただいた直後は
一旦腫れが引いたのですが
焼け石に水だったのか、すぐに腫れが戻ってしまいました。

今週月曜日は今までと同じ抗ガン剤を
間隔を狭めて打って貰いました。
これで効かないようだったら
強い抗ガン剤を来週月曜日から投与になります。
今度の抗ガン剤は点滴になるので
1日仕事を休んで付きっきりになります。
(所要時間は1時間くらいかと思うのですが)
1滴でも漏れると脚が壊死するとか言う
ちょっとコワイ抗ガン剤になるのかもしれません。
ビビリのシャールが暴れずにちゃんと打って貰えるかどうか
ちょっと心配です・・・・・・
抗ガン剤としてもより強いお薬になるので
どの程度副作用が出るかそれも心配です。

リンパの腫れは、顎の下・後ろ脚付け根(
睾丸の辺りが一番腫れている)
先生の所見では、後ろ脚の関節の後ろも少し腫れてきているね・・・
という事でした。
今日はまたちょっと熱っぽい・・・・
今日は治まっていますが、昨日は時々咳き込んでいました。
ちょうど1月病気が出始めた頃のような咳。
たぶん顎の下の腫れが気道を邪魔しているのが原因でしょうか・・・
ただし食欲は旺盛。とにかくモリモリ食べます。
再発前の食事のスピードよりスピードアップしてるし ̄ー ̄
逞しいヤツです
私たちが落ち込んでいるわけにはいかないなぁ〜。頑張ろ力こぶ

しかし、シャールいつもよりちょっとだけ疲れている感じがします。
あと、いつもより甘えたがるかな。
きっと自分の身体の中の違和感を感じて
シャールなりに不安になっているんだと思います。
ホント、家族全員で元気に盛り上げなきゃNo.1!


クローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバー


昨日はチビの学校が開校記念日でお休みだったので
小樽にオルゴールの手作り体験に出かけてきました。
シャールも連れて行こうかどうしようか迷ったのですが・・・。
家の中でのんびりしていた方が身体に良いような気がして
昨日は半日お留守番でした。
(私が仕事の時もいつも毎日半日お留守番なんですけどね

クリックすると元のサイズで表示します

チビ姉の作品です。
シャールってわけじゃないみたいですが
わんちゃんを題材にした作品を作っていました。
デカ姉が小学校2年生の時、
同じ場所でオルゴールを作ったのですが
やはりその時も同じようにわんちゃんを題材にした作
品を作りました。

本当にわんこ好きな娘達です



途中新発寒のペットランド寄って
ナチュラルバランス買って帰りました。
レジ横に「ミドリムシ」のサプリが売っていました。
ミドリムシって人間(たぶん生き物全般)が生きていくのに必要な
栄養素を全て賄えるほどの凄いパワーはあるらしいです。
『将来人類はミドリムシに頼って生きざるを得なくなるかも』
と、先日テレビでは解説していました。

リンパ腫に効くかどうか分からないので買ってこなかったのですが
白血病の猫ちゃんが服用して
余命2〜3ヶ月のところ、3年(だったかな)元気で生存したという
口コミのプリントがお会計台のところに置いてあり
ちょっと気になります。ネットで調査中です




せっかくの休日にシャールをお留守番させてしまったので
お詫びのお土産をシャールに買ってきました土下座

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

七面鳥のお肉を混ぜ込んだおやつ、1本210円なり〜
ものの数十秒で完食しちゃいました。はやっ◎o◎

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ