2010/5/27  10:02

ノックダウン  セカンドオピニオン

おはようございます。
昨日書いたセカンドオピニオンの件
先ほど、Mどうぶつ病院の先生と電話でお話しさせていただきました。

その結果、もう少しちゃんと考えて主治医と
まずはきちんと向き合う事にしました。




「取り敢えず、今の現状を見て貰ってその上で判断しよう」




・・・どうもその考えはとても軽いものだったようです。



「軽い気持ちで来られても何も出来ません。
今後一切全てをこちらで任せるつもりでないと引き受けられない」


「今回来院するなら、きちんと主治医に話して紹介状を書いていただいてきちんと転院と言うステップを踏まなければならない」


軽い気持ちじゃないんですけれど・・・軽率な行動だったようです。
結構厳しいことを、先生から言われました。


私が一番引っかかっていること。
それは、最初発見されたとき主治医が「検体の外注」
をされなかったこと、でした。

それは、未だに引っかかっています。
だからこそ、今回患部を採取できる状態で
血液疾患の専門医である先生のところで検査して貰いたい。
そう思って、今日行こうと思っていました。

「今の先生を信頼していない訳じゃないけれど
最初の検体を外注に出さなかったことと
先日再燃した時、触診だけ(レントゲンなどはなし)で
判断されたことが引っかかっている」


先生にぶっちゃけそう話しました。

検体の外注に関しては
個々の先生の考え方一つなんだそうです。
絶対出さなければならないというものではないけれど
「より詳しく見て貰うべき」と考えるか
「顕著な症例だから、自分だけの判断で大丈夫」とか。

セカンドオピニオンを受けた後に
主治医に「詳しく知りたいので外注に出してください」
ってお願いしてもどうもよかったみたいです。

今回の検体検査の事については、先生曰く、

「僕からは『そうできますよ』とは言えないことですから
ご自分で判断されることだったんですけどね。」

「先生によっては進言して関係を悪化させることもあるからね」


とおっしゃっていました。

最初の意見はちょっとずるいかな・・・
そう思ってしまいました
でも、きっと同業者の間柄って
ものすごく微妙なものなのでしょうね。
先生の話の端々から、それが見えてきました。
もしかすると、主治医はかなり難しい人なのかもしれない・・・。
今まで看て貰ってきて、シャールの主治医は
ゴチャゴチャ言ったりしたりすると
へそを曲げちゃうタイプだろうなって気がしてた)

そして、ズバリこういわれました。


「僕の方針は最初の相談外来の時に全てお話しさせて頂きました。
その上で、主治医を選択されたのはうららかさんですよね」



この言葉どう受けとめるべきなのか・・・。
へそを曲げて考えてしまったら

「この道の専門医である僕を蹴って町医者を選んだのだから」

と高飛車な意見にも取れるし

「専門的な話を聞いた上で、今の先生を選んだのだから
もっと今の先生を信頼してきちんと話し合って
治療方針を考えて頑張ってださい」


と言われている気もするし・・・


あまり物事や人の気持ちを悪い方向に考えたくないので
きっと後者のつもりで先生は言われたんだと思います。
そう、思うことにしましょう。



今回Mどうぶつ病院の先生とお話しさせていただいて
まずは、今不安に思っていること
これからどうしていくべきかを
もっと今の主治医と話をしなければいけない
まずそう思いました。

頭の中だけで色々考えて、グルグル堂々巡りして、
引っかかっている部分を主治医に告げず
黙ったまま他に押っつけようとしてました。
反省します。


いつも混んで忙しい病院だから
きっと忙しい時間帯であっただろうに
約15分ほど、私のあやふやな質問やら意見に
きちんと答えてくださった先生
貴重なお時間を、ありがとうございました。


さっき主治医に電話しました。
午前中に来院して下さい と言われました。
今から行ってシャールのお腹見て貰います。
その上で、ちゃんと主治医に今の現状&これからを聞いてきます。



また、報告しますね



2

2010/5/27  2:39

セカンドオピニオン するかどうか  セカンドオピニオン

昨日、うららか仕事帰りに色々衝動買いしちゃいました
お店3件回って、お洋服やら花の苗やら花のカゴやら・・・色々・・・
気がつけば、両手に持ちきれないくらいの持ち帰りのブツ
まぁ、一個一個がかなりチープなものばかりなので
値段的には目玉が飛び出るほどではないですが・・・
浪費してる場合じゃないんだけど、買い物した〜い気持ちが
止まらない今日この頃
やばい、やばい〜、明日から財布のひも締めまぁす

そんなこんなで、買い物した花を植えたり
買ったものを整理しているうちに気がついたら真夜中
なんだか目が冴えちゃって、眠れません〜



さて、シャールのリンパの腫れですが
顎下の腫れはそれほどではないのですが
後ろ足付け根(と言うよりおちんちん周り)の腫れがひどいです。
今日勇気を持ってじっくり見てみたのですが目
幹部がちょっと紫色になっていて痛々しい・・・・・・・・
痛がったり不調にならないのが不思議なくらいです。


当のシャールはというと、至って元気
食欲もいつも通り、お散歩もいつも通り、
お散歩中のライバルへのワンワンもいつも通り。
若干熱っぽいような気もしますが・・・・・・・
本当に、ぱっと見て病気を抱えたわんこになど
全然見えません。


今までの抗ガン剤に対して
ガンの方が強くなったわけだから
ちょっと早い目に打ってもやっぱり効かないのでしょうね・・・
おちんちん周りに関しては、悪化している気がします
このまま幹部が破裂しちゃったらどうしよう・・・
ちょっとコワイ想像をしたら、気を失いそうになりました

そう言うことも含め、これからの治療方針をどうしていくか・・・
これから先シャールが歩む道はどういったものなのか・・・
家族としてどういう心構えと準備が必要なのか。
可能性がどれくらいあるのか。。。
いろんな事が頭の中をグルグルクラクラ回っています。


ふと、2月にセカンドオピニオンを受けた
市内の血液疾患を専門とする先生のいらっしゃる
Mどうぶつ病院の事を考えました。
前回、腫れが引いていたので
専門医に詳しい検査をして貰うことが出来ず
シャールのリンパ腫の詳しい分析が出来なかったのですが
今回なら、腫れがある分組織を取って検査も出来るだろうし
専門医ならではの意見もいただけると思う。

・・・今の先生に、いちゃもんを付ける気ははないんだけど・・・・
基本的には、これからは主治医は近い方が良いと思うので
転院するのはあまり考えていないのだけれど・・・・・・

それでも、ちゃんとしたシャールの現状を知るために
これからシャールが歩むであろう道を聞くために
どういう方法をとるのが一番シャールにとって
良い方法であるか知るために
後に、自分が後悔しないために・・・
(もしかするとこの理由が一番かもしれない)
もう一度Mどうぶつ病院まで足を伸ばして行ってみようかと思いました。



パパチンに相談。

う:「もう一度Mどうぶつ病院に行きたい」
パ:「転院するの?」
う:「・・・それはわからない・・・両方の先生の方針次第かな」
パ:「・・・ふ〜ん・・・」


パパチン的には、2度目のセカンドオピニオンを受けるなら
転院する覚悟で行くべきじゃないのか・・・
(中途半端で行ったところで何もならない)

と思ったのかあまり乗り気ではないよう
でも、言い出したら聞かない私の性格をよく知っているので
「まぁ・・・行ってきたら」
とOK出してくれました。

実はまだちょっと迷っているのですが・・・・・
(前回セカンドオピニオンを受けたことで、
厳しい現状を知り、辛い気持ちになったから)

でも、きっと明日Mどうぶつ病院まで行ってきます。
また報告しますね
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ