2011年4月8日福島県双葉郡で保護されました。雑種・中型犬(11kg)・オス・推定3歳程度・保護当時未去勢。この犬についての情報がありましたら記事のコメント欄にお願いします。
2011/11/14 | 投稿者: ポチ郎

週末の土曜日、今年2度目の福島に行ってきました。

ハルの飼い主がみつかった?


いえ、今回は犬の用じゃありません。

原発北部、半径20kmの内外に位置する南相馬市。

津波に襲われた場所にも立ってきました。


詳しくはまた書きます。



クリックすると元のサイズで表示します
この先は20km圏内。
本日の警備は群馬県警さん担当。
2

2011/11/10 | 投稿者: ポチ郎

クリックすると元のサイズで表示します
散歩と思わせて病院へ、といういつものフェイント作戦。
この数時間後に犬生最大(?)の試練が訪れようとは!!


1泊2日で、ハルの去勢手術が無事終了。

それから1週間は傷に注意しながら過ごしました。

その間のできごとなど、簡単にまとめ〜



●ちょっと失敗

病院から家に戻ってきた日。

手術前は絶食だったし、病院では落ち着かなかっただろうから

お腹もすいてるかな?

手術がんばったし、ごほうびでもあげよう!


と、いつもの量のごはんに加えて

おやつには、鳥ささみの炒めたのをたっぷり食べさせた。

ハルも美味しそうに完食(常に完食だけど)。



しかし、夜になり急にハルの様子がおかしい!

おすわりして、じっと動かない...動かない......



これまでの経験上、こういう時は...



しばらく見ていると、とっとっとっ、と

ペットシーツのとこにやってきて

うっ、うっ、うっ、、、ぐぅおーーー、

っと盛大に、吐きました。



連続で2回吐いて、胃の中が空になったらしく、

その後は落ち着いて、ケロッとしてました。



たぶん、入院、手術(麻酔)、知らない人、といろんなストレスで

胃腸も弱ってたところに、大量の食べ物を詰め込んで

耐えきれなくなったんだと思います。

その辺のこと、冷静に考えられなかったのは反省です。




●エリザベスカラー
クリックすると元のサイズで表示します

カラーは付けたままで、と先生に言われてたので

ハル本人も人間もガマンガマンの1週間。


手術の傷あとが気になってしょうがないし、

いろんなところがかゆくても掻けないし(ヒマを見ては人間が掻いてあげた)で、

もがき続ける毎日で、けっこうストレスあったんじゃないかな。



ところが、ハルも最後にはうまいこと体をよじる技を習得!

カラーをしながらも思いっきり、傷を舐めてました(^_^;)



ちょっと血は出たのですが

しっかり縫ってあったので、大きな問題はなかったです。






そんな感じで1週間を過ごし、再び病院へ。

先生に診てもらい、一部抜糸して、
(抜糸しにくかった部分は放置。糸は2週間で溶けるとのこと)

まあ、大丈夫でしょうということで

カラーをはずしてもらえました。

ハル、お疲れ!
2
タグ:  去勢 手術

2011/11/3 | 投稿者: ポチ郎

クリックすると元のサイズで表示します


ハルを預かって、もうじき7か月(早いな〜)。

預かってる、という意識ももうあんまりないのだけど...




犬を飼うのはとても久しぶりで、

最近の犬飼い事情にうとかったのだが、

いろいろと調べて(ほぼネットだけど)

だいたいみんながやってる健康管理はしようと心がけてます。



いままで病院には3回。

1回目 健康診断・・・フィラリア陽性→月1の投薬開始

2回目 狂犬病ワクチン接種

3回目 8種混合ワクチン接種

この他、ノミ、ダニの駆除に月1でフロントライン(背中にたらす薬)

という感じです。

実感:犬を飼うのって大変だー!(いろんな注意とか、最低限かかるお金だって)
   ペットショップでわざわざ大枚はたいて飼おうなんて、この先も思わないだろうな。




さてさて、そんなこんなで先日ハルにとって最後の試練!

去勢手術に臨みました。

1泊だったのですが、その流れはこんな感じ。


・手術前日 20時以降は摂食禁止
      夕食は普通に食べられたので問題なし

・当日 朝9時に動物病院
    いつものお散歩をちょっと遅くして、
    ハルには、何事もないように連れ出す(病院まで歩いて20分ほど)

    病院で受け付けて、ハルをお預け。
    預ける時「えっ、何? どゆこと?」
    みたいな顔をしていた(ような気がした)

    手術は午後早めにしていたらしいです。

・翌日 朝9時半ごろ迎えに。
    術後すぐには歩かせられないかな?
    と思ったので、車です。

    ハルとご対面!
    一瞬、目が泳いでたようだけど
    すぐにわかって、飛びついてきた。

    「つらかったよ〜、さびしかったよ〜」

    と言ってるようで
    よしよし、よく頑張った。えらかったね〜、と褒めてやったが、
    もしかしたら、

    「てめ〜ら、やりやがったな〜、プンプン」

    と、言っていた、という説もある(^_^;)


ともあれ、無事終了でなによりでした。


先生に聞いたところ、
手術は特別問題なくできたらしいです。

傷口保護のため次回来院(1週間後)まで
エリザベスカラー装着とのことでした。

クスリ(抗生物質とか)はもらうのかな? と思っていたけど
特になし。

何かあったら連絡ください、とのことで
釈放されました(^_^)v

つづく


クリックすると元のサイズで表示します
あ〜まいった、まいった。
2
タグ:  去勢 手術




AutoPage最新お知らせ