2011年4月8日福島県双葉郡で保護されました。雑種・中型犬(11kg)・オス・推定3歳程度・保護当時未去勢。この犬についての情報がありましたら記事のコメント欄にお願いします。
2012/11/10 | 投稿者: ポチ郎

さて、前回の続き。


散歩の後の足拭きで、いやいややめろー!と噛みまくっていたハル。

なぜ、噛むことをやめたのか?


わかりません。
本人じゃないので (´・ω・`)




と、これで終わらせると更新がラクなんだけど、
それもアレなんで、あとは想像もまじえて書きます。

以下に書くことはあくまで、個人的な経験なので、正しいかどうかとか、
(たぶんいろいろ間違ってる)効果とかは保証できないです。



で、噛むことに対して飼い主がやってみたこと・・・

1・・・ふつうに叱る。
ハルが噛むたびに、「ダメ!」とか「やめなさい!」とか大きな声を出して制し、
叩く(お尻のあたりとか)、暴れないように必死で抑える。


2・・・シカト
ハルは相変わらず噛みまくってたが、それを無視して何も反応せず淡々と足を拭く。
噛まれてるから痛いんだけど。


3・・・ドアをぞうきんでバン!
噛み噛みが始まったら、すかざず玄関のドアを足拭き用のぞうきんで
大きな音が出るようにバン!と叩く。


4・・・気をそらす、楽しそうにする。
どこか架空の一点を見ている振りををして、あれ?なんだー?とか声に出していってみる。
あるいは、ハルが噛んできたら、
いかにも楽しそうにうひゃひゃー、とか、やめろー、とかふざけてみる。


こんなところかな。

まあ、どっちにしてもたいしたことやってないですね。



で、どうだったか。

1→×
2→?
3→△
4→○

かな?



速効性があっったのは「3」の音でおどかす方法。
ハッとして、おとなしくなりました。

・・・なんですが、興奮がおさまったというより、おびえたという方が正確かも。
素人考えですが「足を拭く」→「音でおどかされる」という認識になるとマズイので。
ほんの何回かやって少し噛みがおさまってからはやってません。


いいかなと思うのは「4」。
「あれーっ?」っていうのは、猫を見つけた‘フリ’をする遊びなんですが、
これをやるとハルは、「えっ、どこどこどこ? 猫いるの?」って、飼い主の視線をたどるんです。
つまり、「いやな足拭きをされてる自分」という意識が薄れるみたいで、噛むのも忘れてしまう(たぶん)。

噛んだら楽しそうにするっていうのは、
「足拭きをやめさせるために噛んでやろう」っていうハルの反応(ストーリー)に対して、
こっちが意外にも喜んで楽しそうにすることで、
噛むことに意味がないと思わせられないかな? という考えでやってみました。


とにかく、噛むことに対してまともにとりあわないで気をそらす。
それと、飼い主側がヘラヘラしてると、犬の方も緊張がゆるむ気がします。


こんな感じでしばらくやってたら、ハルも「噛み甲斐」がなくなっちゃったのか、
ムキになって噛むことがなくなってきたんですよね。
(単純にハルが我慢強くなったり、飼い主への信頼感が強くなったりしたからか?)



あとひとつ、なるべく犬が自然な体勢をとることも心がけた方がいいみたい。
前足を拭く時は「お手」とは逆の曲げ方(体の内側に向け、肉球が上を向くようにする)とか、
後ろ足をあげた時は、身体が安定するように腕をお腹の下にあててあげるとか、ですね。


そんな感じで、足拭きの時の噛みはなくなったというわけです。



あー、なんかムダに長くなった (^_^;)



噛み行動についてのしっかりした受け止め方とか対処法はこのサイトが参考になりましたよ。
私は社会化のドッグトレーナー
「(問題行動をとった)犬を追い詰めない」のも大事だそうです。なるほど〜


今思ったのですが、噛む、じゃなくて、咬む、が正しいのか?
直すのが手間なんで、すいませんが脳内変換しといてください(爆)。



クリックすると元のサイズで表示します
うーむ、そうだったのかオレ。
  
  


よろしかったら↓くりっくおねがいします (^^)/

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
3
タグ: 咬み癖 足拭き

2012/11/5 | 投稿者: ポチ郎

クリックすると元のサイズで表示します



噛むのか、噛まないのか。
犬飼いにとっては大きな問題。
しつけの相談などみても
飼い主さんの相談がとても多いですね。

自分が噛まれれば痛いし、
人様を噛んだら大問題だし、
犬を飼う上でいちばん解決したいことかもしれない。



で、ここだけの話ですが、ハルは噛む方の犬です。



例えば、‘噛み度’みたいなのがあって、
ほんのちょっぴり甘噛みを「1」〜流血本気噛みを「5」で表す
5段階評価があったら、
かつてのハルは「3」以上確定。

さすがに、牙でガブリ!のマジ噛みはほぼないですが、
それでも、けっこう痛い思いはしました。

あ、あと、わかる方にはわかると思いますが、
前歯を器用に使っての、薄噛みっていうのかな?
にょにょにょ(?)って、うすーく噛みますよね。足のすね、とかを。
あれも、なにげにかなり痛い。



さて、そんな感じでよく噛んでいた頃、
いちばん頻繁に噛まれるシーンは散歩後の‘足拭き’の時でした。
散歩の後って、どういうわけか興奮気味で
さらに、嫌いな足拭きをさせられるものだから、
もう「やめろ〜」って感じで暴れて、
手や腕を噛む、噛む、噛む!

甘噛み以上の力だから当然痛い。
噛み跡も半端じゃないくらい残る。
そんな毎日。


どうしたら、噛まなくなるのか。
サイトでいろいろ調べてみたり、
とりあえず、対策として
溶接工の人が使うみたいな長〜い本格派革手袋を買おうか迷ったり。

苦難の時期でしたね〜。

そんな時期が3カ月、いや半年くらいは続いたかな。
いつ頃からか、足拭きではほとんど噛むことがなくなったんですよ。
いまも完璧、ではないんですが。


よかったです。
この1年半でハルにあらわれた大きな変化です。

噛み度も、今は...「2」か「2.5」くらいにはなったかな?



なぜ、ハルは足を拭かれても、噛まなくなったのか?

それは・・・おっと、このへんで紙数が尽きたようです(?)


次回に続く。
  
  


よろしかったら↓くりっくおねがいします (^^)/

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
5




AutoPage最新お知らせ