2011年4月8日福島県双葉郡で保護されました。雑種・中型犬(11kg)・オス・推定3歳程度・保護当時未去勢。この犬についての情報がありましたら記事のコメント欄にお願いします。
2014/8/24 | 投稿者: ポチ郎

保護猫うな、先週の21日木曜には傷がここまで回復。
あの、どろどろ状態からだいぶキレイになって、ひと安心です。

クリックすると元のサイズで表示します
動物病院にて


病院の後に向かったのは...
東関道、首都高、と乗り継いだ東名・海老名SA


待ち合わせたのは、
クリックすると元のサイズで表示します




うなの今後について、いろいろ考え、家族会議の結果、
やはりハルとの同居は難しいという結論になりました。

理由はいくつかあって、

・ハルをつないで、うなの世話をしているときの吠えが
 やはり収まらず、近所迷惑になりつつある。
(ハルの声はほんとにでかいのです)

・今は緊張して注意しているが、
 万一、ハルとうながフリーで接触してしまった場合、
 どちらかが大けがする危険がある。

・このさき、うなが家の中を自由に行動できる可能性が低い。

・今まで完全フリーだったハルもつながれることが多くなり
 行動が制限される。

・世話する人間も、ハルとうなの状態にいつも気を抜けず、さすがに疲れる。

こんな、ところ。



じゃあ、どうするか?

里親も見込みは薄いだろうし、近親者にも飼えそうな人はいない
(一時預けた親の家には先住猫がいて、うなを怖がってた)

ということで、
ハルを保護した団体である、みなしごさんに助けてもらおうということになりました。
(実をいうと、保護した当初から、それは頭にあったのです)



しかし、
なんということか・・・


相談の電話をみなしごさんの本部に入れたのが19日の夜。
代表の中谷さんは関東に来てるので、
連絡を取ってくれるということになったのですが・・・


翌朝(というか電話から数時間後)、
広島地方で記録的な豪雨があり、被害も出ているという、ニュースの一報。

ちょっといやな予感がして調べてみると、
みなしごさんの住所は安佐北区、まさに被害が出ているあたり。


その後、幸いみなしごさんに被害はなかったことがわかって、
とりあえず安心はしたのですが、
この状況でうなをお願いしていいものか?

悩みましたが、先方からの大丈夫という話に
甘えさせていただくことにしました。


21日、広島に帰る途中のSAで待ち合わせ。
千葉からの道中、うなは今まで聞いたことのない大きな声で
鳴き続けていました。
何か不安を感じていたのかな?


SAで中谷さんにケガの状態を説明している間に
みなしごの田原さんがうなをバスの中へ。
無事、受け渡しは終了。

みなしごバスは広島に向けて出発しました。


瀕死に近い状態で7/29に保護されて約3週間、
うな本人はもちろん、
人も犬もてんやわんやだった、うなちゃん保護日記もこれにて終了です。



野良で、気はけっこう強い、でも不思議と人を信用している。
ちょっと変わった、でも人を引き付けるかわいい猫でした。
ハルと仲良く生活できるのが理想だったけれど、
思うようにはいかないことって、あるものです。

うな、広島で幸せになれよ〜



地元が大変な状況にもかかわらず、
うなに居場所を与えてくれたみなしご救援隊さんに感謝します。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



みなしごさんのブログに、うなの記事!
http://blog.livedoor.jp/inunekoblog/

昨日、去勢手術もしていただいたようです。
  
  


よろしかったら↓くりっくおねがいします (^^)/

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
6




AutoPage最新お知らせ