2014/8/30  21:03

紅参(こうじん)  リタイヤ生活

予想と予報を欺いて今日の埼玉は【晴れ】でした。今さらながら・・・それだったら山に行けたのに。毎日そんなことを繰り返しています。

元々今日は既に予定が入ってました。妻が飲み続けている高麗人参のエキスが切れていて、それを買いに行く事になってました。

もう10年以上飲み続けていますが病状の進行が無いのは、この人参の影響があるのではとも考えています。

一口に高麗人参と言っても・・・話すと長くなります。まず偽物が多くて・・・本物だとしてもグレードが全くまちまちなんです。

そもそも李氏朝鮮王朝は、国の一括管理としていました。偽物が出回ったり密貿易の対策として【正官庄】というブランドだけが正しい【人参】と認めていたんです。

現在、韓国人参公社だけがこの【正官庄】というブランド名を許されています。

大きくは【紅参】と【白参】があり、説明すると長くなるので割愛、紅参が良いものです。

国が認めた良い畑で6年間栽培して、10年畑を休ませて栽培する。要するに16年に一度しか収穫できない訳です。

そんな一定以上の品質の人参だけが【正官庄】として販売されることを許されます。

さて複雑なのはここからで、胴体だけを使ったものとひげ根や尻尾まで混ぜたものでランクは変わり、特に優れたものを【天参】、その次のランクは【地参】【良参】【切参】と続きます。

値段はピンからキリまで。正官庄の最高級【天参】のエキスだと200グラムで200.000円です。

妻は免疫力を高めるために服用してますが、私も半年ほど錠剤を服用してます。

血流が改善されるので手指のしびれや膝痛、そして坐骨神経痛の痛みが消えました。

長くなるので止めますが・・・我が家は2番目のランク【地参】ランクの商品を買ってます。

そんな努力で少しでも免疫力が高まれば・・・と思って続けています。いわしの頭も信心ですが、イワシの頭よりは確かな気がします。

それはそうとして・・・そんな努力の陰で、今日やっと酒まんじゅうを買うことができました。念のため少し多く買って、食べた残りは冷凍しました。

食べたいものを食べる事・・・欲を言えば・・・バランスよく食べる事が一番免疫力を高めるかも。

ちなみに我が家が一番のおすすめ酒まんじゅうは・・・埼玉県長瀞町にある袋やさんが絶品です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ